アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

うろおぼえのみなとみらい

f:id:ateliersalvador:20181225114402j:plain

昨日アートマーケッツの出店中に描いた。22.7 x 15.8 cm。横浜から出店中のアートキャストさんにお持ち帰り頂いた。ありがとうございます。

インターコンチネンタル( 半月状の建物) の突先に女神を描きそびれた。次は描く。

www.ymm21.jp

頭の中に夜景を入れておいて、いつでも呼んで来られるようにしたい。

みなとみらい

f:id:ateliersalvador:20181220004057j:plain

横浜・みなとみらい (33.3 x 24.2 cm)。現地で描いた。手元が暗くてパレットの色が見えなかった。筆洗の水の色も見えていなかったので、意図したのと違う色になったかもしれない。今度からスケッチのとき明かりも持って行こうかな。

 みなとみらいは全体が巨大な造船遺構かつ廃線跡だ。また描きたい。

ギフトイベント「昭島ハンサムジャンク」ライブペイント参加します

f:id:ateliersalvador:20181209212708p:plain

12/15(土)と16(日)、多摩エリア最大級のギフトイベント「昭島ハンサムジャンク」ライブペイントブースで絵を描きます。今年はなんと8人のメンバーが21組で描くということで、全くもって何が飛び出すか分かりません。ますとみは1日目はたにそのこさんと一緒に描きます。2日目はくじ引きで組み合わせが決まります。楽しみです。誰にも予想のつかない絵が生まれる瞬間をぜひ見にきてください。モリパーク アウトドアヴィレッジは、山小屋・ロッジのような雰囲気のお店が並ぶ、アウトドア用品に特化した商業施設です。来年のキャンプ用品をお探しの方もぜひ遊びに来てください。

...
開催日: 20181215日(土)11:0018:00
       16日(日)10:0016:00
場所: 昭島 モリパーク アウトドアヴィレッジ
196-0014 東京都昭島市田中町610-4
マップhttps://goo.gl/maps/5tEm8fFfDgL2
...
主 催:昭島ハンサムジャンク企画
   (ガジェットモード・ガレリアサローネ)
協 力:モリパーク アウトドアヴィレッジ
後 援:昭島市
関 連:公式サイトhttp://handsomejunk.com
Instagram https://www.instagram.com/handsomejunk_official/
Facebook https://www.facebook.com/handsomejunk/

パイロット

f:id:ateliersalvador:20181209194623j:plain

きょうの水彩: ポートレートの練習 (22.7 x 15.8 cm)。Bessie Colemanというアメリカの飛行家の写真を元に描いた。アフリカ系アメリカ人女性として初の飛行家だった。唇のあたりに特徴がある気がする。でも人を似せて描くのは難しかった。別人みたいだ。

Bessie Coleman - Wikipedia

最近、パブリックドメインの写真を元に絵を描く練習をしている。今に残っている昔の白黒写真は、わざわざ水彩画にしなくたって「絵になる」ものが多い。たぶん写真家(Photoshop)さん達が、撮影や現像の段階で「絵になる」よう工夫してるんだろうと思う。中に写っている人達も「絵になる」ように自ら工夫してるかもしれない。



 

グループ展「POPWORKS2018」参加しています

f:id:ateliersalvador:20181206173124j:plain

群馬の創作集団「POPWORKS」さんのグループ展「POPWORKS2018」に今年も参加しています。今回のテーマは「ヒト ひと 人 hito」ということで、雑踏の絵・人間が一人いる絵・誰もいない絵...と水彩画3点がお出かけしています (あらためて、自分は人を中心に描いてないなと思いました...。) 今年から主宰さんが円満のうちに交代し、例年に増してワンダーな世界が広がっています。この予想もつかないワンダーさが最大の魅力...!お近くの方はどうぞお立ち寄りください。渡良瀬遊水地の公共施設「わたらせ自然館」で開催しています。
---
「POPWORKS2018 ~ ヒト ひと 人 hito」
2018年 12/6(木)-16(日)
9時-16時半 (月火休み・最終日15時まで)
群馬・わたらせ自然館
〒374-0111 群馬県邑楽郡板倉町海老瀬4663-1
https://goo.gl/maps/1R36Fw5TfVR2
(東武日光線・板倉東洋大前駅最寄り)
https://ameblo.jp/poplifeworks/entry-12421870630.html

「ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論」のイラストを描きました

f:id:ateliersalvador:20181214133228j:plain

ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論

ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論

 

 12/12 (水) 発売の書籍「ブラックホールと時空の方程式:15歳からの一般相対論」(小林晋平著 / 森北出版) のイラストを描きました。

事前にお預かりした原稿を読み「この本は山岳ガイドだ」と直感しました。自分が好きな「イラストでわかるxx論」や「ネコでもわかるoo論」のような「何となくわかった気にさせてくれる」種類の本ではなく「自分の足で登る=真正面から一般相対論を理解する」と決めた方々に向けて書かれた地図であり、ツールの手引であり、遭難者が出たポイントを示す注意書なのです。「ああ、数式でしか辿り着けない領域というのが確かにあるのだ」という遠いロマンを感じました。本文中各所のイラストは、登山の途中で食べるおやつをイメージして描いています。理論的な事柄については小林先生と編集の方にしっかりチェックを頂いていますのでご安心ください。ぜひ、奥深きブラックホールの世界に挑戦して頂ければと思います。

 

森北出版の書籍紹介ページ

ブラックホールと時空の方程式 15歳からの一般相対論 | 森北出版株式会社

小林晋平先生のWebサイト

Shinpei Kobayashi’s Page

クリスマスファンタジー展参加します

f:id:ateliersalvador:20181203101120j:image

本日から12/8(土)まで、根津・ギャラリー華音留さんでのグループ展「クリスマスファンタジー」に参加します。絵画やプリザーブドフラワー、リースなどの素敵なクリスマス作品が並びます。ギフトをお探しの方はぜひお越しください。
ますとみはクリスマスをイメージした小さな水彩画2作を展示します...が...クリスマスの勝手が分かっていないのか、ちょっと謎い絵になってしまったかもしれません...。

---
「クリスマスファンタジー7」
12月3日(月)〜12月8日(土)
12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
ギャラリー華音留
〒113-0031 東京都文京区根津2丁目22-4
Googleマップ https://goo.gl/maps/GdG5tv976zD2
東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口 徒歩3分
---
お待ちしております!

f:id:ateliersalvador:20181203101148j:image

 

じんもんこん2018での発表が終わりました

f:id:ateliersalvador:20181202222141j:plain

人文科学とコンピュータシンポジウム (じんもんこん) 2018での発表が終わりました。ポスターにお立ち寄り頂いた皆様ありがとうございます。

ateliersalvador.hatenablog.jp

大変心苦しいのですが、シンポジウム全体の論文誌が有料公開であることから、今回の発表内容はBlogなどで広くお伝えしないことになりました。「今すぐ内容が知りたい」という方は、申し訳ありませんが、以下の情報処理学会のページから論文のPDFをご購入ください...。1年後に無料ダウンロードできるようになるので、お急ぎでない方は1年お待ちください。もしくは、私まで直接お尋ね下さい。

(追記: 「論文そのものを公開するのでなければ、アイディアなどを公開するのは問題ない」という指摘を頂きました。一度共著の先生に相談して、公開内容について検討します。)

ipsj.ixsq.nii.ac.jp

ねじれたアネモネ

f:id:ateliersalvador:20181129000225j:plain

きょうの水彩: ねじれたアネモネ。横浜画塾の今週のモチーフのひとつだった。どうしても「何の花かがわかる」状態の花を描きたかったので、アネモネだけ描いた。葉っぱの生えているあたりから下がねじれていた。

アネモネ - Wikipedia

下描きせず直接筆で絵の具を置いた。自分はこのやり方 (ダイレクト・ペインティング) が好きな気がする。もともとビビりなせいか、ビビりが極まると「えいや」で唐突に紙に色を置いてしまう。セツ・モードセミナーの10分デッサンも、最後の1年近くはずっと紙に絵の具で描いていた。

f:id:ateliersalvador:20181129004114p:plainf:id:ateliersalvador:20181129003848p:plain

色が決まると楽しい。

 

f:id:ateliersalvador:20181125171723p:plain

きょうの水彩: スワンボート。きょうの...と言っているけれど、昨日井の頭公園でお店を出しながら描いた一枚。

...

昨日描いたもう一枚の絵は、シンガポールから来た旅行者の方が買ってくださった。原画を買ってくださるのは、ほとんどが海外の方だ。「日本にはアートを買う文化がない。だから絵は売れない」と聞いたことがある。最初、これはいいことを聞いたと思った。絵が売れない時の言い訳にできる。井の頭公園には海外からのお客さんが多い。しばらく公園で絵を売ろう。日本の方も、もし良かったら原画を買ってください...。

f:id:ateliersalvador:20181125172224p:plain

公園で絵を売っていると、時間帯によっては直射日光が絵に当たる。絵にとって、直射日光は良くない。ある種の絵の具は太陽光で変質して色が褪せてしまう。特に赤色の絵の具には色褪せするものが多い。赤い絵の具 (=赤く見える絵の具) は、エネルギーが高い短波長の光を良く吸収するため、構造変化が起きやすい。一応、自分が使う赤色の水彩絵の具は、耐候性が高い近代的な有機顔料 (キナクリドン系) で揃えている。今の所目立った変化はない。

直射日光は人のお肌にもだいぶ厳しい。一日公園にいると顔がパリパリしてくる。

それでも公園にいるのは楽しい。

静物の習作

f:id:ateliersalvador:20181123001728p:plain

きょうの水彩: 静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた作品。教室から持ち帰って、少しだけ描いたり削ったりして手を止めた。もう少し、なんとかして、何が描いてあるのか分かる状態まで持っていきたい。可能なら題名なしでなんとかしたい。

...

f:id:ateliersalvador:20181123004141p:plain

静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた作品。