アトリエ・サルバドールの冒険

イラストレーター・水彩画家 ますとみけいのblogです。スケッチ・お知らせ・雑記・ファンアートなどを投稿します。

調布飛行場

きょうの水彩: 東京・調布市の調布飛行場の待合所2Fから見た光景。伊豆諸島へ向かう飛行機 (Dornier 228) が待機している。左端のやや平たい建物は味の素スタジアム。 去年末に「来年は飛行機を描く」と決意してから、また次の年まで残り4ヶ月を切っている。…

洋上

きょうの水彩: 海の思い出。記憶から描いた絵。 記憶だけから絵を起こすのは楽しい。どうしたってうろ覚えになるけれど、それはそれで、まあいいやと思って描く。

銀座和光ビル

きょうの水彩: 銀座・和光本館。銀座の中心に立つランドマーク的な建物。中は時計や宝飾品を扱う商業施設。時計塔の鐘は営業中毎時0分に鳴る。 4月に閉校した絵の学校の先生方が、銀座に新しい学校を開いた。新しい学校のスケッチ会に参加した。7月のテーマ…

近況

きょうの水彩: 井の頭池の夕日。 絵を描くお仕事が一段落して、絵に関する以外の作業の割合が多くなった。もの凄く忙しい訳でもないのに、頭がやたら混乱する。絵を描く作業と、文章やプログラムを書く作業は、頭の使う場所が違うと思う。

井の頭公園アートマーケッツに参加します

2017年 4/15(土)・16(日) 朝9時から19時、吉祥寺・井の頭公園「アートマーケッツ」にて水彩画を販売します。さくらと公園の風景を描いて原画を販売します。似顔絵などの水彩画リクエストにもお答えします。お花見がてらぜひお立ち寄りください。 場所は、吉…

JAXA 実験用航空機「飛翔」

きょうの水彩: JA68CE「飛翔」。JAXA (宇宙航空研究開発機構) の実験用航空機。2012年2月に導入。セスナ社のビジネスジェット機 サイテーション・ソヴリンを母機として改造。先端の棒はノーズブームといい、速度計などのセンサ機器を機体周りの気流の影響を…

もう一度

きょうの水彩: 横浜港 (以前掲載した絵のバージョン違い) 透明水彩で描いていると「あー、これはやってしまった」と後悔する操作を加えてしまうことがよくある。最近「やってしまった」と思っても、その時点で白紙からやり直すのではなく、いったん気を落ち…

ねこの背中

きょうの水彩: 前に描いたねこ とらねこの背中の模様が好きだ。また描きたい。

あけましておめでとうございます。

きょうの水彩: 良い年でありますように。

砂漠の空 (そして避けがたい課題)

きょうの水彩: 砂漠。 Yahoo!知恵袋のベストアンサーに "「宇宙」と「砂漠」というのは、画家が最も敬遠する二大テーマのような気がします" という記述を見つけた。 考えてみると、「宇宙」と「砂漠」というのは、画家が最も敬遠する二大テーマのような気が…

水辺

きょうの水彩: 水辺。 「自分は愛される価値のない人間だ」という信念を書き換える手だてを探している。価値判断の必要をなくせないだろうか。例えば「この世界に愛というものは存在しない」として生きることにする。「愛」が存在しないなら「愛される」こと…

吹雪

きょうの水彩: 雪国の駅跡。 絵を描いたり、物語を組んだりするうち、強く実感するようになったことがある。この世では「混沌から秩序を導こうとする力」と「秩序を混沌に戻そうとする力」が常にせめぎあっているらしい。混沌に対して境目が引かれるとき、秩…

「鉄道の旅」橋本やすこ-ますとみけい 絵画展

きょうの水彩: 東京駅丸の内南口。丸ビル4階の喫茶店からスケッチ。 旅と鉄道と絵画をこよなく愛する2人の絵描きが、近代日本の鉄道の起点・新橋駅そばで絵画とイラストレーションを展示します。旅先で見つけたすてきな風景・かわいい列車・変わった駅舎・少…

大分前に描いた1枚: 去り行く船 黒は大好きな色だ。穏やかな気持ちになる。ここのところ「もう少し色を使えるようにしたい」「奥行きを増やしたい」と思って距離を置いていた。

海芝浦駅

きょうの水彩: 海芝浦駅。 JR鶴見線・海芝浦支線の終着駅。京浜運河に面しており、プラットフォームからは東京ガスのLNG火力発電所や首都高湾岸線の鶴見つばさ橋が見える。鶴見線は京浜工業地帯へ伸びていた臨港線をJRが引き継いだ路線で、海芝浦支線もかつ…

シン・ゴジラ (多分全てネタバレ)

きょうの水彩: 確かこんな感じだった。 ある種の演劇には、人々の「言い知れぬ望み」を叶える役割があると思う。口に出すことのできないような暗い望みも、虚構の中では全て叶う。東京は汚れた炎で焼き滅ぼされねばならなかったし、総理一行の乗ったヘリは直…

8月31日

きょうの水彩: 右旋回。

金閣

きょうの水彩: 鹿苑寺舎利殿 (金閣)。クライアント様から許可を頂いて掲載。 金閣を描くお仕事を頂いた。同時期に京都へ行く機会があったので、北山へ実物を見に行った。門をくぐるといきなりある。とにかく派手で、もれなく人を圧倒する。 建物を見るときは…

横浜から

きょうの水彩: 横浜港。落書き用の更紙に色を置いてみた。乾いたら紙がよれよれになった。重しをかけてのした。 海外研修中にお世話になった先生が来日しているとお知らせを頂いて、日本神経科学大会開催中のパシフィコ横浜に向かった。会場そばのレストラン…

リリエンタールの翼 (ふたたび)

きょうの水彩: リリエンタールの滑空機 (1894年の「標準機」を参考に描画) 一つ前のポストを見返して、翼の構造が全然描けていないことに気づいた。サイエンスイラストレーターなら廃業レベルかもしれない。とにかく、彼が命を賭して改良を重ねた翼なのだか…

リリエンタールの翼

きょうの水彩: オットー・リリエンタール (Otto Lilienthal) 。19世紀ドイツの技師。自作のグライダーで滑空実験を繰り返し、有人飛行のための貴重なデータを数多く残した。1896年、実験中に墜落し命を落とす。彼の訃報はライト兄弟が飛行機の完成を決意する…

空を飛ぶもの

きょうの水彩: 空の習作。普段と違う絵具 (サクラマット水彩) を使って描いてみた。 ついにFlightradar24のGold planを申し込んでしまった。アクセス開始時の広告が消え、タイムアウトによる更新の必要もなくなった。コンピュータの前にいる時間、ただずっと…

宇宙時代の貨物

きょうの水彩: 種子島宇宙センターを飛び立つASTRO-H (ひとみ)。人工衛星や探査機は無事打ち上げに成功したもののみ「ひとみ」「あかつき」などの名前が与えられる。 種子島を描くためH-IIAロケットに関する資料を集めている最中、三菱重工のサイトでH-IIA,H…

空の習作

きょうの水彩: 高架駅ホームの端。 また空の習作。

旅の風景

スケッチ: 指月山 (しづきさん) と釣り人。 山口県萩市で見た光景。特徴的な形の小山が湾に張り出している。江戸時代には山頂に毛利家の城があったらしい。

絵を生む鋳型

色試しの紙: パレットに余った絵の具を適当に置いて、新しい色と形を探す。 落書きと絵の境界はどこだろう。もしも落書きと絵の境界が分かって「絵」というものが持つ重要な構造を摑むことができれば、鋳型で鋳物を作るように、いくらでも絵が描けるようにな…

黒の情報表現

きょうのスケッチ: 贈り物の花籠。 絵の中に黒を入れた瞬間、絵の存在感が一気に上がる。たぶん、黒がその絵の世界の中の「一番暗い何か」「一番黒い何か」「一番はっきりしている何か」の表現を一手に引き受けてくれるのだと思う。

答えなくてもいい

きょうの水彩: 空の習作。 絵を描いているとき、頭の中から声がすることがある。 「こんなことに何の意味があるの?」 院生の頃、論文を書いているとき同じような声を聞いた。「何の意味があるの?」と頭の中から声がした。書かなければ修了できない。すると…

空が描きたい

きょうの水彩: 空の習作。 空が描きたいと思った。

風景

風景画 : 臨海工業地帯。 鶴見線の海芝浦駅から見た光景。