アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

スケッチ

ユリの研究 (3)

ユリの研究。はがきサイズ。 6つついていたつぼみが徐々に開いてきた。おおよそ1日に1つ咲く。咲くたびにおしべを取っている。 ... ユリについてのWebサイトを読んだ。 よく知らなかったけれど、ユリは江戸末期以降、日本から海外へ多く輸出され、珍重されて…

黄色いばら

水彩スケッチ: 黄色いばら (Watercolor sketch: A yellow rose) はがきサイズ小 ... ざっくりスケッチ。花屋さんでユリといっしょに買ってきた。「ひよこ」という名前らしい。かわいい。ちょっとたんぽぽみたいだ。

水彩スケッチ: 海 (Watercolor sketch: The Sea)22.7 x 15.8 cm

スケッチ

ユリの花 (スケッチ) はがきサイズ。

ユリの研究 (2)

カサブランカの研究 (A study of Lilium Casa Blanca)9 x 13 cm ... 実質的に昨日描いた絵。今日少しだけ筆を入れた。 明日もまたユリを描く。

ユリの研究

カサブランカの研究 (A study of Lilium Casa Blanca) 9 x 13 cm ... 笠井先生の教室でいつもユリが描けない。変な話、バラの花は「なんとなく筆を振り回す」だけでバラらしくなることがある (まぐれ当たり)。ユリは、そうなった試しがない。複雑で、もう少…

紫の花と枯れた赤い花

紫の花と枯れた赤い花(Violet Flowers and Withered Crimson Flowers)36 x 51 cm... 横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物画。何の花なのかわからない。色がとてもきれいだったので、何とか色だけは残したかった。 あと少しで何かわかる気がする、でもわか…

新宿御苑

新宿御苑 (Shinjuku Gyoen National Garden) 33.2 x 24.2 cm ... 今日は水彩の教室・横浜画塾のスケッチデーだった。かなりの高温・高湿で、笠井先生も参加者もずっと「あつい」と言い続けていた。塩飴や梅干しを食べながらスケッチした。 11時に笠井先生の…

人物

人物 (A figure painting) 32 x 45 cm 横浜画塾・笠井先生の教室で描いた水彩。背の高い女性のモデルさん。プロのゴルフプレイヤーさんらしかった。 ... 今後、教室で描いた絵も終わりまで仕上げて載せていきます。

らくがき

らくがき。クロッキー帳に0.9mmシャープ。 ... 1日1回人体デッサン集を模写する練習を始めた。 人間描きたい。また明日 #モルフォ人体デッサン #模写 pic.twitter.com/aqVCdS59XQ— ますとみけい (@kei_masutomi) 2019年7月9日 毎日夜の30分くらいを使って、…

東京駅

東京駅 (F0サイズ: 18 x 14 cm)。丸の内駅舎北側ドーム。時々小雨が降っていた。線描き1時間、着彩1時間くらい。移動で東京駅を通過する時、時間があれば立ち寄って描きたい。 ... ここのところ人体デッサン集の模写をしているだけで、製作という感じの製作…

街頭スケッチ

街頭スケッチ。新宿駅南口の歩道でライブをしていた3ピースバンド。勢いがあってかっこよかった。しばらく見ていたら警察官3名が来てライブは終了した。 こんな感じだった。 ... 最近、人や物の形が思ったように描けなくてつらい。「絵を描く」「とにかく製…

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

ビル・エヴァンス。鉛筆。 ... 映画「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」を見てきた。ジャズピアニスト、ビル・エヴァンスの生涯をたどるドキュメンタリー。 joji.uplink.co.jp 自分はジャズについて全然知らない。いつ頃かGoogle Homeが適当にジャズ…

人物スケッチ

人物スケッチ (F0: 18 x 14 cm 小)。ミレージャギャラリーのレセプションパーティーでお会いした作家のお二人。とても絵になる姿で素敵だった。(仲山さん、花谷さん、掲載許可ありがとうございます。) 仲山拓人@AtelierTACTO (@n_ankhbayar) | Twitter 花谷…

東京駅 (スケッチ)

東京駅 (18 x 14 cm) 20分スケッチ。銀座のミレージャギャラリーさんへ向かう途中に描いた。 オランダ旅行でアムステルダム中央駅を描いたあと「よし、この感動と勢いのまま東京駅を描きに行く」と意気込んでいたのに、戻ってからかなりぐずぐずしていた。昨…

新幹線のりかえ口

JR東京駅構内、東海道・山陽新幹線ののりかえ口 (一方通行)。モレスキンスケッチノートに描いた。新幹線ゲート内側からの風景。駅員さんが一人立っていて、お客さんが切符を取りそびれていないかいつもチェックしている。 このゲート、日本語で「出られませ…

歌舞伎町の女王・ゆうこ

歌舞伎町の女王・ゆうこ。モレスキンスケッチノートに描いた。近藤祐子誕生祭「キャバレーゆうこ in 愛本店」の二次会「スナックゆうこ in クラブ城」で、椎名林檎の歌舞伎町の女王を歌う近藤さん。 5/18(土)に歌舞伎町のホストクラブ愛本店さんのハコをス…

中野ブロードウェイ

中野ブロードウェイ。モレスキンスケッチノートに描いた。東京・中野駅北口側にある、商業施設とマンションが合わさった大規模複合ビル。商業階にはいわゆる「サブカルチャー」領域の品物を扱う店が集まり「サブカルチャーの聖地」「オタクの聖地」として知…

レモン

レモン (9.5 x 10 cm)。2日くらい転がしている。 ... 気持ちが落ち込んだとき、青空文庫で梶井基次郎の檸檬を読むことにしている。 https://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/424_19826.html 「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧さえつけていた…

コーヒーの移動屋台

コーヒーの屋台。モレスキンスケッチノートに描いた。川越を拠点に販売している「COFFEE POST」というお店さん。丸ポストのそばで出店されていて素敵だった。お散歩中に見かけて、お願いして描かせていただいた。ありがとうございます。カフェモカ美味しかっ…

おでかけスケッチ (横浜・山手)

横浜・山手の丘の上から見た景色。モレスキン手帳に描いた。 今日は横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーだった。横浜・山手の洋館「エリスマン邸」周囲に集まって描いた。スケッチイーゼルを立てて描く前に、小さな絵を描いてみようと思って描いた。 こ…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [7, 8日目 (最終日)]

7日目。市内を巡る最終日。 港に行って、最後にアムステルダム中央駅を描きに行く。 スケッチセットに「レンガっぽい色」を補充。 よし、描こう...。 オランダ海洋博物館 (Het Scheepvaartmuseum) へ行く。17世紀当時の海軍の建物の中に、オランダが貿易で栄…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [6日目]

6日目。残り2日。 スケッチセットはこんな感じになった。ホワイトのチューブが重かったので別の場所に出してかさを減らしてみた。 ヴァン・ゴッホ美術館とアムステルダム国立美術館 (Rijksmuseum) に行く。ミュージアム広場 (Museumplein) という広域公園を…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [5日目]

ぽつぽつ書き進めていきます (7日目が最終日です)。 空港の買い物エリアにKLMの飛行機のカットモデルがいた。きれいな空色だ。 5日目。今回ぜひ行きたいと思っていた「アルスメール生花中央市場」に向かう。空港前からバスを乗り継いで40分、朝7時くらいにつ…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [4日目]

滞在3日目にして、ようやくスケッチセットが整った...。 ateliersalvador.hatenablog.jp 4日目の朝。 デルフトを出発する前に、ずっと気になっていたかわいい風景を描いてみた。1時間くらいのスケッチ。 結構それっぽい!嬉しい。この素敵さ。元々の風景が素…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [3日目]

記憶が薄れないうちに、何日分か書いてしまうことにしました。 3日目。オランダのデルフト(Delft) という街にやってきた。水運の街、フェルメールが暮らした街、白地に紺のデルフト陶器の街、ノーベル賞受賞者3名を輩出する名門デルフト工科大学の街、そして…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [2日目]

スケッチ自体の紹介より、旅行記っぽくなりつつありますが...。 2日目。ベルギー・アントワープ中央駅を見に行った。 宮殿のような姿をしている。 ja.wikipedia.org プラットホーム。深さがある。通り抜けをする路線は地下に潜っている。 とりあえず線で描い…

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [1日目]

ateliersalvador.hatenablog.jp 旅から戻りました。旅の途中で描いた水彩スケッチについてまとめていきます。おおよそ1日1-2作のペースです。 [1日目] オランダ・スキポール空港の到着ロビー (22.7 x 15.8 cm)。あまりの描けなさ具合にびっくりした。まず、…

つぶあん入り生八ツ橋

つぶあん入り生八ツ橋 (19.5 x 14 cm)。駅ビルのスーパーマーケットで買ってきた。半不透明の八ツ橋の向こうに餡子が透けていて、見ていて何となく楽しい。 スーパーのおやつコーナーの通路をぶらぶらしていて見つけた。

桜の枝 (再び)

桜の枝 (14.3 x 13.6 cm) 。おとといからの続きで花瓶にさした桜の枝を描いている。 花は本当に難しい。全然花にならない。描き込むと花以外の部分もおかしくなりそうで、手を止めてしまう。上の絵は漫然と作業しながら少しずつ描いた。集中力も欠いてる気が…