アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

横浜画塾

紫の花と枯れた赤い花

紫の花と枯れた赤い花(Violet Flowers and Withered Crimson Flowers)36 x 51 cm... 横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物画。何の花なのかわからない。色がとてもきれいだったので、何とか色だけは残したかった。 あと少しで何かわかる気がする、でもわか…

絵の完成

静物画の習作 (A study of still life painting)45 x 31 cm 横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物画。先生から講評を頂いた後、持ち帰って描き込んだ。 ... 絵を終わらせる過程はとてもつらい。途中で手を止めて、最後まで描ききらなければ「完成したなら、…

新宿御苑

新宿御苑 (Shinjuku Gyoen National Garden) 33.2 x 24.2 cm ... 今日は水彩の教室・横浜画塾のスケッチデーだった。かなりの高温・高湿で、笠井先生も参加者もずっと「あつい」と言い続けていた。塩飴や梅干しを食べながらスケッチした。 11時に笠井先生の…

人物

人物 (A figure painting) 32 x 45 cm 横浜画塾・笠井先生の教室で描いた水彩。背の高い女性のモデルさん。プロのゴルフプレイヤーさんらしかった。 ... 今後、教室で描いた絵も終わりまで仕上げて載せていきます。

ヨットの模型

ヨットの模型 (36 x 51 cm)。横浜画塾・笠井先生の教室の静物。 ... 講評で先生から「(本来まっすぐなはずの) ヨットの形が波打っている」と指摘を頂いた。確かに、曲がってる...。周りの花瓶も、あるのかないのかよく分からない色の塊みたいになってしまっ…

おでかけスケッチ (横浜・山手)

横浜・山手の丘の上から見た景色。モレスキン手帳に描いた。 今日は横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーだった。横浜・山手の洋館「エリスマン邸」周囲に集まって描いた。スケッチイーゼルを立てて描く前に、小さな絵を描いてみようと思って描いた。 こ…

グロリオーサという花

グロリオーサの花 (35 x 48 cm)。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた水彩。2週前の授業で描いたもの。持ち帰って仕上げた。きょう終了した教室展 (第11回横浜画塾展) の後、頂き物の花籠の中にグロリオーサが何本かあり、先生から許可を頂いて1本持ち帰った。…

「第11回 横浜画塾展」参加します

4/2(火)-4/8(月)、塾生として大変お世話になっている水彩画教室・横浜画塾の教室展「横浜画塾展」に参加します。100名近くの塾生の作品が集まる大教室展です。はがきの絵は塾長・笠井一男先生の作品です。ますとみは教室で静物を描いた4作品を展示します。当…

ポピーの花

ポピーの花 (51 x 36 cm)。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた絵。モチーフのポピーの花瓶が素敵だった。

ねじれたアネモネ

きょうの水彩: ねじれたアネモネ。横浜画塾の今週のモチーフのひとつだった。どうしても「何の花かがわかる」状態の花を描きたかったので、アネモネだけ描いた。葉っぱの生えているあたりから下がねじれていた。 アネモネ - Wikipedia 下描きせず直接筆で絵…

静物の習作

きょうの水彩: 静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた作品。教室から持ち帰って、少しだけ描いたり削ったりして手を止めた。もう少し、なんとかして、何が描いてあるのか分かる状態まで持っていきたい。可能なら題名なしでなんとかしたい。 ... 静物…

静物

きょうの水彩: 静物。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた1枚。車輪のある花籠と、壺とサモワール(中東やロシアの湯沸かし器)。持ち帰って取り込んだ。 ... 1日1枚「きょうの水彩」96日目。

静物

きょうの水彩: 静物。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた一枚。テーブルの果物がおいしそうだった。 ... 1日1枚「きょうの水彩」76日目。教室の帰りに東京駅・東京ステーションギャラリーの「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」展に行ってきた (2018/0…

ばら

静物の絵: ばら。笠井先生の教室で描いた先週の1枚。今日家に持ち帰って、少し色を足して完成にした。

静物

きょうの水彩: 赤い花と小さな白い花。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた1枚。赤い花はグロリオーサという名前らしい。白い花はカスミソウ。なかなか描けないなと思いつつなんとか描いた。 ... 1日1枚「きょうの水彩」35日目。教室で描いた絵をカウントしな…

ひまわり

ひまわり。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた絵。全面を黄色で浸してから、少しずつ削りだすようにして描いた。

紫陽花(ふたたび)

横浜画塾・笠井一男先生の教室のスケッチ会で描いた水彩。教室から徒歩10分の「正覚寺」というお寺にお邪魔して、本堂の脇のあじさいを描いた。前々から「根元の部分はどうなってるんだ」と思っていたところ、剪定の結果か、ちょうど根元がむき出しになって…

傘のモチーフ

横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物。傘の骨が好きなので、とにかくなんとか骨を描いた。難しいけれど、せめて自分が大事だと思ったこと、描きたいと思った何かは「絵の中にある」ようにしておきたい。

(私にとって) 絵とはなんだろうか

静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室で描いた絵。 紙の向こう側にもうひとつの世界を立ちあげる。全ての技法は面の内側に「無限の奥行き」を導くため使う。

絵とはなんだろうか

きょうの水彩: テーブルに置かれた静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室。 「絵の定義」は何だろう。(良かったら少し考えてみて下さい。) ********** 今のところの自分の答えは 任意の構造を面の上に再び表そうとするもの Wikipediaの「絵画」のページの一…