アトリエ・サルバドールの冒険

イラストレーター・ますとみけいのブログです。雑記・スケッチ・お知らせ・ファンアートetc.. を投稿します。

シン・ゴジラ (多分全てネタバレ)

f:id:ateliersalvador:20160905223728j:plain

きょうの水彩: 確かこんな感じだった。

ある種の演劇には、人々の「言い知れぬ望み」を叶える役割があると思う。口に出すことのできないような暗い望みも、虚構の中では全て叶う。東京は汚れた炎で焼き滅ぼされねばならなかったし、総理一行の乗ったヘリは直々に破壊されなければならなかった。市井の人々の死は明確には描かれなかった。「内閣」ワッペンの防災服の人が瓦礫に手を合わせるのを見て、胸が苦しくなった。

暗示性の高い映画に言及すると、自分自身を明るみにさらしてしまう気がする。風立ちぬを見たときも同じことを思った。それでも書かずにはいられない...。

 

- 多摩川の防衛線が突破されたとき「これはみんなで立川行きかなあ」と思った。やはり立川に行ったのでちょっと嬉しかった。

- 尾頭さんが「筑波のBSL-4施設に検体を送って」と話すのを聞いて、劇中世界でBSL-4施設が稼働していることに驚いた。

- 無人在来線...