アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き「ますとみけい」のBlogです。作品・お知らせ・雑記・らくがきを投稿します。

海芝浦駅

f:id:ateliersalvador:20160911153718p:plain

きょうの水彩: 海芝浦駅。

JR鶴見線・海芝浦支線の終着駅。京浜運河に面している。プラットフォームからは東京ガスのLNG火力発電所や首都高湾岸線の鶴見つばさ橋が見える。鶴見線は、京浜工業地帯の臨港線をJRが引き継いだ路線。海芝浦支線は元々は東芝の工場へ向かう専用線だった。支線のほとんどの区間は東芝構内に入る。駅改札には東芝の検問所があり、入構許可証を持たない乗客は駅から外に出ることができない。近年「都会の秘境駅」としてメディアで紹介され、訪れる人の数が増えている。

8月の終わりに海芝浦へ行った。自分と同じように駅を見に来た人々が何人かいた。上の絵の中の女の人もそのうちのひとりだった。「絵を描かせて下さい。」とお願いしてスケッチを取らせて頂いた。女性は「夜勤明けで、急に海が見たくなってここへ来たんです」と仰っていた。その後折り返しの電車で鶴見へ戻って行った。