アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

絵とはなんだろうか

f:id:ateliersalvador:20180321012655p:plain

きょうの水彩: テーブルに置かれた静物の習作。横浜画塾・笠井先生の教室。

「絵の定義」は何だろう。(良かったら少し考えてみて下さい。)

 **********

今のところの自分の答えは

任意の構造を面の上に再び表そうとするもの

Wikipediaの「絵画」のページの一行目とは違う。向こうは「物体の形象を平面に描き出したもの」と書いてある。物体、形象...難しい。自分には「任意の構造」の方がしっくりくる。例えば、廃線跡は物体だろうか。まあ、画面に何がしかの「もの」は描くのだけれど...。ドーナツの穴だけを取り出して描けるか?みたいな問題が立ち上がってきてしまう。

「平面上に」でないのは凹凸面に描いてもいいから。「表したもの」と言いきれないのは、表すことに成功したか、失敗したかの判定が、見る人によって違うから。