アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーターの ますとみけいのblogです。作品・スケッチ・らくがき・お知らせを投稿します。

ポピーの花

f:id:ateliersalvador:20190228232517p:plain
ポピーの花 (14.7 x 19.3 cm)。花瓶にさしている。10分間を計って描いた。

...

セツ・モードセミナー (Wikipedia) で一番多い授業科目は「コスチュームデッサン」(通称「Cデッサン」)という、スタイリッシュなモデルさんを描く10分間のクロッキーだった。

「描く前にモデルさんの周囲を3回は回って、自分の描きたい位置を探す」「紙全体を使って全身を描く」「立って描き、描き終わっても静かに過ごす」「最初のうちは鉛筆で描く」という他、特に指示はなく、あとはみんな一緒にとにかく描いた。自分が入学した時には、創設者のセツ先生はすでに亡くなっていて、あとを受け継ぐ方々が学校を運営していた。学校はセツ先生の生誕100周年目に閉校した。

入学3年目くらいから「モデルさんの色をなんとか絵に残したい」と思いはじめ、水筆と固形水彩ボックスを画板に貼り付けて、絵の具で直接描くようになった。今日はそのときのことを思い出して、同じように絵の具で描いてみた。10分間、集中して描いた。

f:id:ateliersalvador:20190301005905p:plain

2回描いたうちの1回目。