アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

「きょうの水彩」展終了しました

f:id:ateliersalvador:20190323182556j:plain

ateliersalvador.hatenablog.jp

ますとみけい水彩画展「きょうの水彩」展終了しました。ご協力頂いた皆様、ギャラリーの皆様、大変お世話になりました。ありがとうございます。そしてお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました!

ご購入いただいた絵はこれから一週間程でお手元にお届けします。今しばらくお待ちください。

...

f:id:ateliersalvador:20190325121338j:plain

会場入ってすぐの風景。

f:id:ateliersalvador:20190324142140j:plain
左から「川」「横浜」「ポピーの花」「みなとみらい」です。

f:id:ateliersalvador:20190324141652j:plain

額に入っていない絵のコーナー。

f:id:ateliersalvador:20190324141408j:plain

はがきサイズ「なかよし」。

f:id:ateliersalvador:20190321113233j:plain

ギャラリーが入っているマンション「吉祥寺グリーンハイツ」。

...

アートギャラリー絵の具箱さんは、マンションの一室をリノベーションしたギャラリーで、元々リビングルームだった大きい部屋と、小さい部屋の2部屋があります。今回、大きな部屋に額装した絵を飾り、小さな部屋にフィルムに入れた絵をテープで貼ったのですが「額に入っていない絵のコーナーが結構楽しい」という発見がありました。絵の内容のせいだとも思うんですが、小さい部屋は気楽でした。「水彩画、本当はちゃんと額に入れてお見せした方がいいんだろうな...」と開催前やや悩んでいたんですが、額と一緒に壁を飾って楽しむのか、壁にざっくり貼って楽しむのか、手帳や本の間に挟んで楽しむのか、iPhoneの画面から眺めて楽しむのか、絵によって、色々違っていいのかもしれないと思いました。

現代はインターネットがあり、絵描きはすぐに絵のデータを取って全世界の方にお見せできます。描いてる最中のライブ配信までできます。インターネット以前を生きた絵描きの人々からすると、想像もできないような状況だと思います。どういう形で絵を皆様にお見せするか、また色々考えてやってみたいです。