アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。作品・お知らせ・雑記・らくがきを投稿します。

枯れかけているポピー

f:id:ateliersalvador:20190111232153p:plain

枯れかけているポピー (22.7 x 15.8 cm) 。茎が折れ曲がって、花びらが落ちないまま枯れてしまった。水をうまく吸えなかったのかもしれない。

下のサイトに「花を長持ちさせるには水吸いを良くすること。水につけたまま、切れ味の良いハサミを使って茎を斜めにスパッと切る」と書いてあった。全くやっていなかった。

kinarino.jp

描くとき、よく分からない気持ちになった。自分の取り扱いがまずかったせいで枯れてしまった花を、美しく描くのか、ボロボロに描くのか、何かの感情を被せて描くのか、ただ記録を取るように描くのか。よく昔の絵描きさんで、喧嘩別れした恋人とかを異様に美しく描く人がいるけれど、どういう気持ちでそうできるのか分からない。あれは意図して美しく描くのか、描いてるうちに絵の中で勝手に美化されていくのか。

あまり考えずとにかく描いた。筆数が多くなった。次に花を買うときは、水を替えたり切れ味のいいハサミで斜めに切ったりしようと思った。

ランドマークタワーのロビー階

f:id:ateliersalvador:20190110214710p:plain
横浜ランドマークタワーのロビー階 (15.8 x 22.7 cm)。日本丸メモリアルパーク方面。帆船日本丸の帆柱が見える。大規模補修中のため3月末頃まで中に入れない。ドックの水も抜いていた。帆を張ることはしばらくないかなあ。帆があるところを描いてみたい。

最近、空を描くときに使う絵の具の種類を変えた。今まで使っていた絵の具は粒が大きいのかなんなのか、筆を置いた通りに色が残ってグラデーションがうまく作れなかった。滑らかなタイプの絵の具に変えたら、それらしくなった。

ポピー

f:id:ateliersalvador:20190107002106p:plain

アイスランドポピー (22 x 15 cm)。和名はシベリアヒナゲシというらしい。近所の花屋さんで買ってきた。茎とつぼみに毛が生えていて、なんか触りごごちがいい。一番右のつぼみは、描いている間にだんだん開いてきた。

シベリアヒナゲシ - Wikipedia

f:id:ateliersalvador:20190104022253p:plain

猫 (16 x 13 cm)。お世話になっている方々の家の猫をモデルに描いた。

実際はもっと顔だちが穏やかな気がする。なんか困ったな...。

f:id:ateliersalvador:20190102015557p:plain

犬 (22.7 x 15.8 cm)。きょう出会った。ひなたぼっこしていた。

...

下のサイトに "最近のDNA分析研究によれば、(柴犬の) 狼との近さはシャーペイバセンジーの次で2番目"と書いてあって、え、そうなんだと思った。シャーペイという犬は初めて知った。見た目は狼に似てない気がする。

www.min-inuzukan.com

2018年

f:id:ateliersalvador:20181231164921j:plain

2018bestnine」という、2018年にUpしたInstagram画像のうち特に好評だった9枚を1枚にまとめるサービスを使ってみた。さくらんぼの絵が懐かしい...。

今年は「100日続けてとにかく何か描く」というチャレンジをやってみた。確かに、続けていると自分の中の何かが面白いくらい変わる。100日経過した後、少しレギュレーションを変更した (出不精を防ごうとして「外出先で描く」というルールを入れてみた) ところ、やる気がなくなって途絶えてしまった。やっぱり、目的は一つに絞ろう。2019年1月1日からまたはじめてみようと思います。100日をめどに毎日描いていきます。ルールは (1) 水彩であること (2)自分が好きなもの・気になるものを描くこと。自分と紙、筆、水、鉛筆、水彩絵具、描く対象が「続きになる」ことを目指します。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 

www.instagram.com