アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

グループ展「絵筆と旅して」と「うららか」に参加します

f:id:ateliersalvador:20210328232719j:plain

現在アートギャラリー絵の具箱で展示中の絵のうち、風景の絵の一部は、ミレージャギャラリーさんのグループ展「絵筆と旅して」( 4月7日[水]- 12日[月] )  小さなおやつの絵は、ギャラリーカフェ・ジャローナさんでの三人展「うららか」( 4月13日[火]- 17日[土] ) で再度展示します。ご予約の必要なくお越しいただけます。

どちらのグループ展も、本来は昨年開催予定でした。「絵筆と旅して」は昨年の春、緊急事態宣言が出て開催できなくなってしまった企画展です。「うららか」は昨年ジャローナさんの「ミニ額collective art」展でオーナーさんから賞を頂いた3名の受賞展です。今年こそ開催できそうです。

...

グループ展「絵筆と旅して」

2021年 4月7日(水) - 12日(月)

11時-19時 (初日12時から、最終日17時まで)

銀座ミレージャギャラリー (Googleマップ)

〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目10

*風景を描く作家さんが集合します。穏やかな会場です。

...

f:id:ateliersalvador:20210328233128p:plain

...

辻佐公 ますとみけい あおい 三人展「うららか」

(ミニ額Collective Art「ジャローナ賞」受賞展)

2021年 4月13日(火) - 17日(土) 12時-19時

赤坂ギャラリーカフェ・ジャローナ (Googleマップ)

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目6−22

* 春をイメージした絵と陶芸作品の展示です。案内はがきはあおいさん謹製です。

...

f:id:ateliersalvador:20210328233734p:plain

f:id:ateliersalvador:20210328234755p:plain

 ...

今回在廊をしませんが、時々会場に立ち寄ります。

今後の状況によっては、また開催が延期となるかもしれません。お手数ですが、お越しの際は会場のWebサイト・SNSから最新の状況をご確認ください。

  

個展「少し先の旅」開催中です

f:id:ateliersalvador:20210323204447p:plain

吉祥寺での展示が始まりました。ご予約のない時間、ひとり会場にいます。アートギャラリー絵の具箱さんは、マンションの一室を改装してできたギャラリーです。広いフローリングの床と、絵だけかかった壁を見ていると、なんだか、引っ越したての1日目みたいな気持ちになってきます。
当日お越しの方は、アートギャラリー絵の具箱「0422-20-2602」までお電話ください。私もしくはギャラリースタッフがご案内します。

***
アートギャラリー絵の具箱 企画展
水彩絵描き・ますとみけい「少し先の旅」
2021年3月23日(火)-4月4日(日) 12時-19時
会場: アートギャラリー絵の具箱 (吉祥寺駅北口徒歩3分)
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6
吉祥寺グリーンハイツ205
....................................................................................
*会場へお越しの際、日時のご予約をお願いしております。
....................................................................................
*当日お越しの方は、アートギャラリー絵の具箱「0422-20-2602」までお電話ください。ギャラリースタッフがご案内します。
....................................................................................
絵の具箱さんにご協力頂き、ご来場日時をご予約頂く形で展示を開催することにしました。お手数ですが、こちらのWebページ

ますとみけい個展「少し先の旅」日時ご予約 | 調整さんカレンダー
から日時をお知らせください。

期間中、ご予約のある日時に在廊します。お一人でご覧になりたい方はご予約の際お知らせください。体調を崩すなどして、私がお伺いできないときはギャラリースタッフさんが会場の鍵を開けます。
世の中が落ち着いた頃、また気の向いたとき、ふらっとお越し頂ける展示を開催させてください。

 

 

赤いもの

f:id:ateliersalvador:20210318234255p:plain

横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物。Fabrianoのラフブック。

教室に入っていきなり、赤いものがたくさん目に入った。テーブルの上が赤いものだらけだった。細いビンや蓋つきの箱があった。

色は持ち帰ろうと思って、持ってる一番強い赤の絵の具で描いた。この後水彩紙にもう一枚描いた。そっちはあわてて描いてぐしゃぐしゃになった。

こんなに赤いもの描くことなかなかないと思った。楽しい。

 

玉川上水緑道

f:id:ateliersalvador:20210317221618p:plain
玉川上水の緑道を描いて帰ってきた。去年の夏に何度か描いて、描くたびに「どうもしっくりこない」と感じた場所。ここで去年描いた絵は、展示に持っていけない。小さい鉄橋を描いた1枚だけ額装する。

今の時期、大きな樹はだいたい葉を落としていて、夏の間あまり見えなかった小さい常緑樹がよく見える。今日描いて、また描いてみたいと思った。細かく描いてみたい。

 

「夢の桜プロジェクト」で絵の先生をしました

f:id:ateliersalvador:20210316103435p:plain

2/28(日)と3/14(日)に大田区・大森のアートイベント「夢の桜プロジェクト」で絵の先生をしました。アートプロデューサーの色さん、やまだちほさん、NPO法人大森まちづくりカフェの方にお声掛け頂きました。二十数名のお子さん、ご家族の方と一緒に大きな絵を描きました。

1日目、桜の花びらの形の紙にみんなの夢を描きます。なりたいもの、行きたいところ、したいこと...色々な夢が集まりました。ご家族からは「旅に出たい」という夢がたくさん集まりました。私もです。旅に出たいです。

f:id:ateliersalvador:20210316103736j:plain

2日目、みんなで大きな紙に花びらを貼り、さらに周囲に絵を描いて桜の木にします。「桜の木が風の中でぶあーって踊ってるみたいにしよう」とイメージを伝えて、あとはみんな好きに描いてもらいました。

だいぶ紙が埋まり、ちほ先生が子どもたちに夢の内容を詳しくインタビューする頃、私は絵に「最後の仕上げ」をします。絵の先生、このために呼ばれているのです。私は普段頭の中で「絵の完成とは」とか「共同制作とは」とかごちゃごちゃと考えているのですが、いざ目の前に絵がやってきて、完成の時間が迫ると「とにかくなんとかしよう」という気持ちだけになります。「幹はしっかりさせたろう」とか「ピンクと水色でにぎやかそう」とか「形はとにかくぶあーっとした感じ」とか、感覚をフルに開いて完成させます。私はこの作業がとても好きです。たくさん何かが集まってごちゃごちゃしている中に、少しの共通性を見つけていくのが楽しいのです。なんとか完成しました。

参加者の皆さん楽しそうで良かったです。大きい紙がたくさんあって、クレヨンや色鉛筆が使いたい放題の機会はなかなかないと思います。また遊びましょう!

 

みなとみらい

f:id:ateliersalvador:20210311235539j:plain

笠井先生の教室のあと、みなとみらいに行ってきた。

コーヒーショップでラテを頼んだら、店員さんに「仕事帰りですか?」と聞かれた。「絵を描きに来ました」と答えたら「作家さんなんですね!頑張ってください。外寒いですから、コーヒー飲んであったまってくださいね。」と言われた。作家。そうか。いいなあと思った。今、何か作ってるんだ。最近描いてるとき、作ってる感じが薄れていた。

f:id:ateliersalvador:20210312000359j:plain

骨の数を数えたりした。

光らせたい。次行く時やってみよう。

...

教室は人物画の日だった。

f:id:ateliersalvador:20210312001249j:plain

...

作品を作ろう。

 

スケッチ

f:id:ateliersalvador:20210310232041p:plain
公園遊具のロッキンパッピー号。きょうは一人だった。

描いてる時、自転車に乗ったおまわりさんがこっちを見ていた。最近、よく公園にいるから、見られてるのかな...。職質受けたらスケッチブック渡す。

 

スケッチ

f:id:ateliersalvador:20210309222037p:plain

きょうの公園。朝散歩に行って、公園で見た光景。描いてる最中、この子のお母さんが「あの人、何してるのかしら」みたいな感じでこっちを見てた。すいません...。

 

情報

f:id:ateliersalvador:20210306134631p:plain

スケッチ。朝散歩に行って、なんとなく気になったものを描いて帰る。

一筆描きの線を作って色を置いてる。線の横に色を入れているとき「今、なにか情報が失われた」と感じる瞬間がある。この瞬間が結構つらい。そのまま耐えて色を重ねていくと、ものが浮き上がってきて、まあいいか、と思う。

つらい理由がわからないまま、とりあえず描いている。

 

スケッチ

f:id:ateliersalvador:20210305160804p:plain

横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーだった。菜の花畑に集合した。

f:id:ateliersalvador:20210305130749p:plain

桜と菜の花。春はいいなあ。

f:id:ateliersalvador:20210305165054p:plain

ラフブックで描いたあと、笠井先生が描いてらしているところを拝見した。そのあと水彩紙に描いたり、またラフブックに描いたりした。

講評の時間、笠井先生が「この方向性、いいんじゃないですか」とおっしゃった。「作品として成立させるには、たくさん描くといいです」とも...。たくさん描こう。少しずつ、描きたいものに近づいてる感じがする。

 ...

みなとみらいへ行ってきた。

f:id:ateliersalvador:20210305163931j:plain

日本丸、はじめて描いた。一筆書き、どんなものでも「まあとりあえず、いっちょ描いてみるか」って気持ちになる。

...

赤レンガ倉庫の方に行ってみた。

f:id:ateliersalvador:20210305164258j:plain

クルーズ船の飛鳥IIがいた。クルーズ旅行も再開されたみたいだ。

f:id:ateliersalvador:20210305164500p:plain

いいなあ。遠出したい。

また描きに行く。

 

個展を開催します

f:id:ateliersalvador:20210303221850p:plain

...
アートギャラリー絵の具箱 企画展
水彩絵描き・ますとみけい「少し先の旅」
2021年3月23日(火)-4月4日(日)
会場: アートギャラリー絵の具箱 (吉祥寺駅北口徒歩3分)

*オンライン展示を同時開催します。
...


*会場へお越しの際、日時のご予約をお願いしております*

今回、絵の具箱さんにご協力頂き、ご来場日時をご予約頂く形で展示を開催します。大変お手数ですが、下のWebページからお越しの日時をお知らせください。

ますとみけい個展「少し先の旅」日時ご予約 | 調整さんカレンダー

もしくはWebフォーム・SNSのメッセージからご連絡ください。

*ご予約のない日はギャラリーを閉じております。

世の中が落ち着いた頃、また気の向いたとき、ふらっとお越し頂ける展示を開催させてください。
...

今回展示する絵の中で、風景の絵は、銀座・ミレージャギャラリーさんのグループ展「絵筆と旅して」( 4月7日[水]- 12日[月] )、おやつ、花、果物の絵は、赤坂・ギャラリーカフェジャローナさんのグループ展「うららか展」( 4月13日[火]- 17日[土] )で再度展示します。ご予約の必要なく、ご自由にご覧いただけます。*個展期間中にお求め頂いた絵は、グループ展の終了後に発送させていだきます。

 

ハト

f:id:ateliersalvador:20210302004622p:plain

朝、スケッチブックを持って橋の上に行ったら、横の手すりをハトが歩いてきて、目の前でぴたっと止まってこっちを見てきた。これは、おれを描け!ってことかな... と思って、描いてみた。その間、ハトは動かない。一通り描いて、足のあたりがよくわからなくて、直そうとしたら「時間切れだ!」みたいな感じで飛んでいってしまった。

右の線、記憶だけで描いたらちょっと違った。

 

花と鴨

f:id:ateliersalvador:20210226211309p:plain

教室の花。横浜画塾・笠井先生の教室のモチーフ。

フライングで横浜まで行ってきた。笠井先生も、同じクラスの皆様もお元気そうだった。良かった。ミモザとラナンキュラス、鴨の置物があった。華やかだった。色を追いながらのんびり描いた。もう少ししたら次の状態に行ける気がする。