アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

旅のスケッチ (オランダ・ベルギー) [1日目]

f:id:ateliersalvador:20190411170555j:plain

ateliersalvador.hatenablog.jp

旅から戻りました。旅の途中で描いた水彩スケッチについてまとめていきます。おおよそ1日1-2作のペースです。

[1日目]


f:id:ateliersalvador:20190421013002p:plain

オランダ・スキポール空港の到着ロビー (22.7  x 15.8 cm)。あまりの描けなさ具合にびっくりした。まず、描きたい人がどんどん動いて行ってしまう。止まっている人も、鉛筆で線を描いているうち、やっぱりどこかへ行ってしまう。次に、足元に置いた荷物の安全が気になって仕方ない。昔ロンドンの街中で金品を取られそうになって以来、海外での手回品にはかなり気をつけるようになった。筆洗がわりの登山用の水筒も、蓋が開きにくくて筆がすぐ洗えない。そもそも、持ってきた2つ折り水彩パレットがどうも「しっくりこない」状態だった。

f:id:ateliersalvador:20190422235905j:plain

絵の具の並びを、粒子の小さい有機顔料系 (上段左) 、マスキングインキ (下段最も左)、粒子の大きい無機顔料系 (下段左)、ハイライト用の不透明色 (上段右) という構成にしていた。作った当初は「機能的」と思っていたけれど、しばらくして、蓋を開けるたび憂鬱な気持ちになった。なぜだか気持ちが動かない。化学の知識は、筆を動かすとき全然いらない。でもまあせっかく作ったし、高い絵の具がもう少し減るまで使おうと思って、オランダまで持って来たけれど、上の絵があまりに描けなさすぎて、ついに「やってられるか」と放棄を決めた。

...

電車に乗ってベルギーのアントワープに移動した。オランダ・ベルギーの国境ではパスポートチェックがない。隣県に行くような感覚でベルギーに入った。 

(つづく)