アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

玉川上水緑道

f:id:ateliersalvador:20200818183035p:plain

玉川上水緑道 (12 x 14.7 cm)

...

描いている途中、何回か曇る日だった。影を追っているとき、途中で日がなくなると結構戸惑う。今まで目の前にあった色が一瞬で消えてしまう。

「何がある」「どこにある」を持ち帰りたければ、すぐに輪郭を引くといいとわかった。「どのようにある」は、主に絵の具の色で、その日その日のありようを持ち帰る。曇りの日は曇りの日、晴れの日は晴れの日のありようを持ち帰る。