アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

近況

f:id:ateliersalvador:20210120153507p:plain

小さいスケッチ。

 

...

大学院にいた頃の書類と資料をシュレッダーにかけた。本は買取に送った。

「ビジョン」だけ手元に残した。

f:id:ateliersalvador:20210120163140p:plain

2冊ある。1冊目は、マーカーペンで書き込みをしてしまって、落ち着いて読めなくなったので、2冊目を買い直した。「いつか内容をまとめよう」と思ったまま、ずっとまとめられないでいる。

もう1冊、コンピュータビジョンの研究者さんからお借りしたままの「視覚の文法」が本棚に残った。

f:id:ateliersalvador:20210120163209p:plain

以前ご自宅にお伺いした時、たまたま見つけて貸していただいた。

f:id:ateliersalvador:20210120163416p:plain

錯視図形・カニッツァの三角形。線はないのに、中央に白い三角形が浮き出て見える。研究をしている頃、この図の解釈についてずっと考えていた。

去年あたりから、輪郭線とは「目が見つけるもの」だと思うようになった。

 ...

私は、目の内側というか、頭の内側に映りこんでいる世界に興味がある。