アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーターの ますとみけいのblogです。作品・スケッチ・らくがき・お知らせをを投稿します。

のっぽ

f:id:ateliersalvador:20190120014919j:image

のっぽ (6 x 15.8 cm)。静岡の長いご当地菓子パン。パッケージがとてもかわいい。JR静岡駅のお土産コーナーで売っていた。都合で生産中止になった後、県民の熱い希望を受けて、体制を変え再び販売がはじまったらしい。

売場のポップに「ラブライブサンシャインに登場しました!」と書いてあって、全国区になったんだなあと思った。静岡生まれなので、存在は知っていた。実は一度も食べたことがない。明日の朝食にいただきます。

(おいしかったです。)

ばらが解らない

f:id:ateliersalvador:20190118014432p:plain

ばらの習作 (16 x 13 cm)。花びらの構造がどうなってるのか知りたかった。懐中電灯で各方向から光を当てて観察した。

下書きの線を描いた。エッジを追うのがとんでもなく大変だった。花びらの重なりがややこしい。どことどこが繋がって、どこが切れているのか解らない。色を決めるのも大変だった。反り返るところ全部にグラデーションがあるし、花びらそれぞれ、影があちこちで重なったり透けたりする。ビロードみたいな光沢もある。

各花びらに巻きの外側から番号をつけながら分解したら、色々なことが解ると思う。でも分解すると元に戻らない。

赤いばら

f:id:ateliersalvador:20190117003122p:plain

赤いばら (22 x 15.8 cm)。近所の花屋さんで一輪挿しの花瓶と一緒に買ってきた。描くのは難しかった。画面を触れば触るだけ、色味が沈んでいってしまう。でも、描かなさすぎて花びらが「ない」ことになるとさみしい。いつも笠井先生が教室で仰る「描かずに描く」を実践したかったけれど、ついあちこち描き込んでしまう。とにかく手を止めた。

花のぐるぐるしてるところのことがまだよく分かっていない気がする。

西荻窪の路地

f:id:ateliersalvador:20190116030113p:plain

西荻窪の路地 (15.8 x 21 cm)。魔界の入口みたいな雰囲気。

今日は昨年12月の昭島ハンサムジャンク・ライブペイントメンバーで集まった。みなさん自由で素敵だと思う。ご一緒できて良かった。

思い出

f:id:ateliersalvador:20190115014034p:plain

思い出 (22.7 x 15.8 cm)。5年くらい前、絵の学校の友達と2人で城南島海浜公園に行った。羽田空港の滑走路を見たり、海水浴をしたり、大判の紙に絵を描いたりした。公園のそばを大きなクルーズ船が通っていった。「もうすぐ大きな船が通ります」とアナウンスが流れて、公園にいた人達みんなで見た。

ja.wikipedia.org

昨日今日とみなとみらいを散策して、船を描きたいなと思った。

枯れかけているポピー

f:id:ateliersalvador:20190111232153p:plain

枯れかけているポピー (22.7 x 15.8 cm) 。茎が折れ曲がって、花びらが落ちないまま枯れてしまった。水をうまく吸えなかったのかもしれない。下のサイトに「花を長持ちさせるには水吸いを良くすること。水につけたまま、切れ味の良いハサミを使って茎を斜めにスパッと切る」と書いてあった。全くやっていなかった。

kinarino.jp

描くとき、よく分からない気持ちになった。自分の取り扱いがまずかったせいで、うまく水を吸えずに死なせてしまった花を、美しく描くのか、ボロボロに描くのか、何かの感情を被せて描くのか、ただ記録を取るように描くのか。よく昔の絵描きさんで、喧嘩別れした恋人とかを異様に美しく描く人がいるけれど、どういう気持ちでそうできるのか分からない。あれは意図して美しく描くのか、描いてるうちに絵の中で勝手に美化されていくのか。

あまり考えずとにかく描いた。筆数が多くなった。次に花を買うときは、水を替えたり、切れ味のいいハサミで斜めに切ったりしようと思った。

ランドマークタワーのロビー階

f:id:ateliersalvador:20190110214710p:plain
横浜ランドマークタワーのロビー階 (15.8 x 22.7 cm)。日本丸メモリアルパーク方面。帆船日本丸の帆柱が見える。大規模補修中のため3月末頃まで中に入れない。ドックの水も抜いていた。帆を張ることはしばらくないかなあ。帆があるところを描いてみたい。

www.kanaloco.jp

最近、空を描くときに使う絵の具の種類を変えた。今まで使っていた絵の具は粒が大きいのかなんなのか、筆を置いた通りに色が残ってグラデーションがうまく作れなかった。滑らかなタイプの絵の具に変えたら、それらしくなってきた。