アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

トマス・モア「ユートピア」

f:id:ateliersalvador:20190723012725p:plain

トマス・モアの「ユートピア」を読んだ。

「ユートピア」という単語の語源と聞いて、前から気になっていた。 1516年出版の本。この頃日本は戦国時代をやっていた。1543年鉄砲伝来、1549年にザビエルがキリスト教を伝えに来ている。

ユートピア (岩波文庫 赤202-1)

ユートピア (岩波文庫 赤202-1)

 

一通り読んだ感想として、この本は「ぼくのかんがえた最強の国家」の設定を書き連ねたものと理解した。

一応の筋立てはあり、トマス・モアと思しきイングランド人が旅行先で出会った船乗りから「ユートピア国」という南方の国家の話を聞く。船乗りはユートピア国の素晴らしき社会制度、秩序立った生活、聡明な人々の様子について (文庫本一冊分にわたって) ひたすら褒め称え続ける。法制度、財産制度、教育制度、医療制度、奴隷制度、戦時体制、宗教制度... 考えうる限りの制度という制度について、詳細な設定が用意されている。幼い頃から高等教育を受けたユートピア人は、制度に従い秩序立った人生を送る。彼らが何を考えているかについては、ほぼ記述がない。

印象に残った設定をいくつか書くと

- 「金銀・貨幣は不潔なものであり、尊ぶことで災いがもたらされる」という感覚を養うため、ユートピア人は子どもの頃から金銀で便器や奴隷を繋ぐ鎖を作ることを覚えさせられる

- 結婚する者たちは、思慮深い有徳の長者の介添えで互いの裸体を見せ合うことになっている。何か気に入らないことがあった場合、この時点で相手に告げなければならない。また夫婦の契りを破壊した者は奴隷刑に処される (しかしユートピア人達は愚かではないので、そのような事態は滅多に生じない)

- 他国と戦争が起きた際には、ザポレット人という別国の人間を雇って戦線に送る (彼らは生まれつき頑健で、美食を好まず、粗末な生活をしており、ただ戦争するために生まれてきたような人間達なので、丁度良い)

- ユートピア人は知力・精神性ともに優れており、全ての戦争に勝つ

ぼくのかんがえた最強の国家」なので、ご都合主義的な設定も全て許される。

トマス・モアはイングランド王国有数の法律家だった。国を代表する専門家として、国内外で起きる大小様々の揉め事に対応しているうち、現実が嫌になったんだろう。「Utopia」という言葉は「どこにもない」と「良い」の音を組み合わせてモアが作った造語だという。「こんな国絶対ありえない」なんてこと、書いた本人が一番良く知っている。1534年、モアはヘンリ8世の離婚に反対したかどで王から反逆罪を言い渡され、翌年斬首刑に処されている。

...

自分の妄想をまとめて世に出しておくと、後の人々に伝わって、妄想の実現の可能性が少し上がったりするのかもしれないとも思う。

以前駅のあった場所

f:id:ateliersalvador:20190720021925p:plain

以前駅だった場所 (A place where used to be a station)
33.2 x 24.2 cm

静岡鉄道駿遠線の廃線跡。静岡県吉田町の遠州神戸 (えんしゅうかんど) 駅跡。

...

マスキングで紙白を抜いて道の白線を表してから三角の暗い影を描いた。終わってから、参考にしている元の写真と比べて、絵の中の白線がかなり暗く見えることがわかった。道路の白線は影や陰の中でもはっきり見えるように設計されているので、紙を白抜きして表した白とは暗い中での存在感が違うのかもしれない。

塗料の成分を調べた。

 水、酸化チタン(Ⅳ)、シリカ、その他

www.monotaro.com

酸化チタン。絵の具の「チタニウムホワイト」と同じ成分だ。上からチタニウムホワイトを塗れば、近い反射率を再現できるだろうか。

描くと色々発見がある。

廃線跡の橋

f:id:ateliersalvador:20190719001832p:plain

廃線跡の橋 (The abandoned railway bridge) 24.2 x 33.2 cm

...
一応、信越本線・アプトの道の碓氷第三橋梁 (めがね橋) を描いた。けれど、今見ると構造が結構違っている。改修された足元部分が違う。なので、よくわからないけど廃線跡、ということにしておいてください...。

人物

f:id:ateliersalvador:20190718205023p:plain

人物 (A figure painting) 32 x 45 cm

横浜画塾・笠井先生の教室で描いた水彩。背の高い女性のモデルさん。プロのゴルフプレイヤーさんらしかった。

...

今後、教室で描いた絵も終わりまで仕上げて載せていきます。

以前線路だった場所

f:id:ateliersalvador:20190717234040p:plain

以前線路だった場所 (The place which was a railway track before)
20.5 x 30.5 cm

...

静岡県牧之原市・静岡鉄道駿遠線の廃線跡。片浜駅跡付近。整備されて自転車道路「太平洋自転車道」の一部になっている。海岸沿いにある。駿遠線はもともと軌間762mmの軽便鉄道だった。廃線跡にできた道路も少し狭い。 

アントワープ港

f:id:ateliersalvador:20190717080407p:plain

アントワープ港 (Port of Antwerp)

33.2 x 24.2 cm

...

4月に旅した時に見た光景。ベルギー・アントワープ港は、北海に流れるスヘルデ(Schelde) 川沿岸の港。スヘルデ川はライン川・マース川・セーヌ川と繋がっており、アントワープはヨーロッパの重要な港湾拠点として栄える。現在でも、オランダ・ロッテルダム港に続いてヨーロッパ内第2位のコンテナ取扱量をもつ。

アントワープ港 港湾概要|名古屋港管理組合公式ウェブサイト

マース川 - Wikipedia

...

上の場所は以前の船着場の跡らしかった。使われなくなった可動式クレーンの脚が並んでいて、その下に貨物用線路の跡があった。

 

近況・これからの製作

ここのところ絵を描いていませんでした。

また1日1枚製作をしようと思います。自分の好きなもの、好きな場所、好きなこと、好きな雰囲気を描いていきます。これまで製作のルールを 「1. 好きなものを描くこと」 「2. 何か (物体が) 描いてあること」 の2つにしていたのですが、今回「3. 鉛筆やシャープペンシルで下書きする過程を25分間入れること」という項目を追加してみます。正直、絵を見る方にとって鉛筆がどうとか25分とかいう話は何でもよく、絵が仕上がってさえいればいいとは思うのですが、とりあえずここに書き付けさせてください。また100日続けていきます。

f:id:ateliersalvador:20190715021905j:plain

透明水彩絵の具の見本カード。

同人誌「季刊あさもや」を刊行しました

f:id:ateliersalvador:20190710223415j:plain


4月にひっそり、心のユートピアを探す人々の同人誌 「季刊あさもや」 を創刊しました。本日無事に夏号が刊行できましたので、あらためて雑誌についてお知らせさせてください。

「季刊あさもや」は、絵描き・雑賀信之助 (編集長) とますとみけい (副編集長) が中心となって発行する同人誌です。各寄稿者が閉じた見開き一杯に自分の想う世界を描き、語るための場として作りました。 (創刊にあたって、寄稿者の高橋茉林さん・加嶋誠さんからも多大な協力を頂いています。) 冊子のデザインやコンセプトは、以前やなせたかしさんが発行していた雑誌「詩とメルヘン」と後継雑誌「詩とファンタジー」 を参考にしています。

f:id:ateliersalvador:20190709210950j:plain

............................................................
[メインページ : あさもや通信] 🍉
各寄稿者が 絵、まんが、詩、レポート、小説その他を自由に描き、語ります。

[よりみちコラム] 🍡
「あさもや通信」寄稿者が好きなものについて語ります。
夏号のテーマは「好きなおやつ」でした。
............................................................

夏号の各ページ(一部抜粋)です。

f:id:ateliersalvador:20190710230922j:plain

冊子はWebからお求め頂けます。もしくは各号の寄稿者に直接お声掛けください。私の展示・イベント出店時にも数冊持っていきます。創刊号・夏号は税込500円です。B5版・フルカラー印刷です。

toshoneko.stores.jp

10月中旬に秋号を発行し、11月開催の文学フリマ東京で販売します。寄稿者のポストカード・グッズの販売も取り扱えたらと思っています。

発刊情報・寄稿者募集・イベント出店、その他情報をTwitterアカウントからお知らせします。よろしくお願いします。

あさもや通信社 [同人誌 季刊あさもや] (@kikan_asamoya) | Twitter

...


□あさもや通信寄稿者 (ページ順)
............................................................
[創刊号 (2019)]

 

(まんが)
学校 / 雜賀信之介
s.s (@toshoneko) | Twitter

(絵)
みなとみらい / ますとみけい
ますとみけい (@kei_masutomi) | Twitter

(絵)
リスポーン地点・リンゴサンキセカエブック / 高橋茉林
茉林 (@takahashimarine) | Twitter

(絵)
恐竜のぬいぐるみ / 加嶋誠
加嶋誠 (@MKashima1123) | Twitter


............................................................ 

 [夏号 (2019)]


(まんが)
夜のおどりこ / 雜賀信之介
s.s (@toshoneko) | Twitter

 

(まんが・絵)
市街地の森 / 菱田哲
菱田哲(Satoshi) (@HishidaSatoshi) | Twitter

 

(絵)
サザエを想う人 / 加嶋誠
加嶋誠 (@MKashima1123) | Twitter

 

(食レポ)
26.1.2019 梅ヶ丘~代々木上原ドーナツ巡り 「もえこん」ことモエコ・イシヅカと行くドーナツ三昧デート録! / 20Lempicka
カ行 (@LoveyDovey_kte) | Twitter

 

(まんが)
伊東雄高 / 見どころのある夕凪
ユタカ・イトー (@Ito110_97) | Twitter

 

(ポエム・絵)
ポエム ・ ポピーの花 / ますとみけい
ますとみけい (@kei_masutomi) | Twitter
............................................................

 

(制作風景)

f:id:ateliersalvador:20190710223850j:plain

もくじ・巻末はなぜか手書きです。

編集長と自分の情熱が続く限り細々と刊行できたらと思っています。いつまで続くか、そもそも次号が出るかも全く未知数の同人誌ですが、自分としては、なんとか冬号まで作って季節を一周したいです。心のユートピアを探す人々で集まりたい。どうかぼんやり見守って頂けたら嬉しいです。

らくがき

f:id:ateliersalvador:20190710001926j:plain

らくがき。クロッキー帳に0.9mmシャープ。

...

1日1回人体デッサン集を模写する練習を始めた。

毎日夜の30分くらいを使って、デッサン集掲載の絵をシャープペンシルで写す。終わってから、自分の身体の該当箇所を触って構造を確認する。「自分の内部にも骨があるのだ」と分かった。普段は忘れている。今まであまり人間を描いてこなかった。少しずつ人体構造を覚えて、人間を描けるようになりたい。

骨から描く モルフォ人体デッサン ミニシリーズ

骨から描く モルフォ人体デッサン ミニシリーズ

  • 作者: ミシェル・ローリセラ,布施英利,ダコスタ吉村花子
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2018/06/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

東京駅

f:id:ateliersalvador:20190707114523p:plain

東京駅 (F0サイズ: 18 x 14 cm)。丸の内駅舎北側ドーム。時々小雨が降っていた。線描き1時間、着彩1時間くらい。移動で東京駅を通過する時、時間があれば立ち寄って描きたい。

...

ここのところ人体デッサン集の模写をしているだけで、製作という感じの製作をしていなかった。外スケッチも久しぶりに描いた。

絵を描く機械

数年前「絵描きになりたい」と思ったとき、実際になりたかったのは「絵を描く人間」ではなく「絵を描く機械」だった。機械のように坦々と絵を生成する。内部に独自の型を持っていて、型を使って出力する。坦々と入力を受け、坦々と処理し、坦々と出力する。そういう状態の人間になりたかった。この目的を叶えるために、どのような学習過程を踏めば良いか知りたかった。

ateliersalvador.hatenablog.jp

脳や神経やコンピュータについて研究をしていたのも、究極的には「絵を描く機械」の作り方を知るためだった...かもしれない。やってる当時はそんなこと考えていなかった。自分はいつも自分の行動意図を分かっていない。数年経ってから「ああ、こういうことがしたかったんだ」と気づく。

絵の学校に入り、先生や友人や絵描きの先輩方と交流して、また自分でも絵を描くようになって、当然、自分が無茶な考えをしていたことが明らかになった。絵を生む鋳型、そんなものはない。けれど、今も頭のどこかから「"鋳型"が欲しい...それさえあれば」という気持ちがふつふつと湧いてくることがある。きょうがそうだ。「悩み苦しむことなく、ただ"何がしかの良い結果"が欲しい」という怠惰な気持ち。それが形を変えて表面化してくる。

「楽がしたい」「楽になりたい」という気持ちは発明の源になるらしい。ロボット掃除機は人間の代わりに床の掃除をやってくれる。食器洗浄器も人間の代わりに皿を洗ってくれる。機械はつまらないルーチンワークから人間を解放してくれる。じゃあ「絵を描く機械」は何をするのか。つまらない創造行為から人間を解放する?「つまらない創造行為」とは...。 

人間機械論―人間の人間的な利用

人間機械論―人間の人間的な利用