水彩絵描き・ますとみけいのblog

お知らせ・作品・近況・らくがきを投稿します。🎨

花の定期便

白いバラが届いた。

小さい実みたいなのが、野バラらしい。こんな実がつくんだ。バジルの花も初めて見た。香辛料のスパイシーな香りがした。

昔、絵の学校の友達が「ばらは最後まで内側を見せない」と言ったことがあって、そうなのか、おしゃれだな...と思ったけれど、このばらは、日が経つにつれて、花びらが徐々に下がってしべが見えるタイプだった。ばらによるんだな。

...

花の定期便を解除した。あと1回分描ける。

 

花の定期便

リンドウのつぼみが届いた。そして開かない。

何週か前届いて、つぼみのまま枯れてしまって描けなかったのも、リンドウだった。咲くまで時間がかかるのかな。もうちょっと待とうか。徐々にまた枯れてきちゃってる気がするけど...。この紫色、すごく好きだ。ダスティーミラーのくすんだ色もすごく好き。

花屋で見つけたら買ってこよう。

...

今週はとても眠い。生活を詰め込みすぎて、絵に向き合いにくくなってる。離乳食が始まって、準備してる。 バランスが難しい。

 

花の定期便

なんだこれは...という感じの花が届いた。

中央の、赤いトゲトゲした花がピンクッション。裁縫箱にある針やピンを刺しておくクッションのことだそうで、音だけ聞くと、なんかピンクのクッションみたいだ。飛び出してるのはおしべらしい。オレンジのフサフサしたのがケイトウ。鶏の頭についてるのに似てる。リューカデンドロンは、花というより厚手の葉っぱみたいだ。グレビリアもなんかトゲトゲしてる。

日が経っても枯れないから、時間を見つけてちまちま描いた。

...

生活が変わって、描き方も変わった。描き始めて、いつ手を止めないといけなくなるかわからないから「思い切って短時間で一気に描く」みたいなことがやりづらい。やってもぐしゃぐしゃになる。今はそういう時なんだと思う。

 

花の定期便

エゾギク (アスター) が届いた。ピンクと白の花。

...

今週は持ちが悪くて、どんどん枯れていってしまった。アスターも、ビンの中で水についているところがすぐに茶色くなっていった。残ったところを、余った調味料のビンに入れて描いた。

花の定期便、面白い。店頭では手に取らない花がやってくる。ピンクの花、なかなか買わない。もともと、花を買うこともなかった。

 

 

花の定期便

クルクマの花が届いた。

クルクマ、前にも届いた。白い部分は花でなく、暗く見えてるところに花が隠れてるらしい。枝の細い花が、たぶんハイブリッドスターチス。それから、コデマリ?コデマリの花、だいぶ前に描いたことがある。花がないからわからない。葉っぱだけ来たのかな。こんな葉っぱだったかな...。

紙を一回り小さいものに戻した。金曜に花が届いてから、土日で描く。新鮮なうちに描こう。

...

気がついたら8月末だった。もう秋が来る。果物も描きたいなあ。

 

 

近況

スケッチ。

ほとんど一日中テレビをつけている。テレビショッピングってこんなに多いんだなと思う。青汁、サプリメント、松前漬、いくら、ウォーターサーバーを見た。最近はBSのジュエリーショッピングの番組をよく見ている。毎回MCの人達が「ええーっ!?ホントにこのお値段ですか!!」と騒いでる。だっこしながら見てる。テレビショッピングは楽しいことばかり起きる。安心して見ていられる。

...

今週も間に合わなかった。残ったところをジャムの瓶に入れた。
また明日花が届く。届いてすぐ描こう。

 

どこか外へ描きに行きたい。

 

花の定期便

オレンジとマゼンタのランが届いた。

...

南国リゾートの雰囲気だ。モカラ (カリプソ) は前も来た。アレカヤシの葉、どこかで見たことがある。観葉植物の鉢とかかな。

リゾートいいなあ。行きたい。

...

小笠原諸島にまた行きたい。海がきれいだった。船で24時間かかる。泳いだりスケッチしたり、フルーツ食べたりしたい。

  

近況

先週分の花、描く前に枯れてしまった。ひよってるうちに花は枯れてしまう。

...

なんとか暮らしている。外に出かけることがほとんどなくなった。

すやすや寝てる。起きると大変。

 

花の定期便

リシアンサスの花が届いた。

リシアンサス (ボヤージュライトピンク)、本当の名前は「ボヤージュ®︎(2型) ライトピンク」というらしい。

corporate.sakataseed.co.jp

トルコギキョウには八重咲きと一重咲きがあり、流通量の大半は八重咲きとなっています。特に花型が豪華なフリンジ咲き・セミフリル咲き種は、ウエディングなどの業務需要が高く引き合いが強い反面、栽培が難しいという課題がありました。今回発表の『ボヤージュ(2型) ライトピンク』『同(2型)ブルー(ver.2)』『同(2型)イエロー(ver.3)』は、強いフリンジの花型とチップバーン※1の起きづらさを両立させ、またブラスチング※2も発生しづらいため出荷ロスが少なく、安定した収穫が期待できます。

この花、今年生まれなんだ。前にきたユリもそうだけど、ここのお店、最近生まれの花が結構くる。

長いツルみたいなのは、利休草。

白い花は難しい。何枚か描いたうち、最初に描いたこの一枚が一番近かった。暗いところを和らげたくて、色鉛筆の力を借りた。

 

花の定期便

独特な雰囲気の花が届いた。

クルクマとアンスリウムとオンシジウム。

クルクマの白くて花っぽい部分は、苞 (ほう) といって、葉が変形したものらしい。細長い何かが突き出してるのがアンスリウム。どこかで見たことがある。ハートの形をした部分は、これもやっぱり苞 (ほう) らしい。突き出した部分は肉穂花序 (にくすいかじょ) といって、ここに小さな花が集まっている。黄色い花がオンシジウム。ランの仲間。セダムグリーンは前にもきた。タバリアファンは、だんだんお馴染みになってきた。タバリアファンの細かい部分を描きたくて、描くときの紙を少し大きめにした。

どことなく仏花っぽい。お盆の時期だからかな。

 ...

いつの間にか7月の終わりだった。時間がたつのがとにかく早い。このままだとすぐ冬になりそう。冬はヒイラギが来るんだろうか。

 

花の定期便

ひまわりが届いた。

サンダーソニアはオレンジの釣鐘みたいな花。グミみたいでかわいい。キイチゴの葉っぱは、だんだんお馴染みになってきた。また来るかな。

久しぶりに少し大きめの紙 (F4サイズ) を出してきた。大きい紙の方が細かく描ける。こうなってくると、せっかくだしもう少し色々やりたいなあ...という気持ちが出てくる。このあたり、生活との綱引き感がある。

 

花の定期便

ランが届いた。

モカラ (カリプソ) ... デンファレ... 。今回も名前が面白い。モカラは、バンダ属、アラクニス属、アスコセントラム属の3種のランを交配してできた、比較的新しいラン。わかめみたいな大きい葉っぱがエメラルドウェーブ。シダの仲間。

ちょうどいい花瓶がなくて、取っておいた空きビンに入れて飾った。

 

花の定期便

デルフィニウムの花が届いた。

この花すごい好きだ。花びらが透けてふわふわしてる。蝶々みたいだ。

暑さに弱い花らしいと聞いて、届いてすぐ描いた。

...

タバリアファン、3回目だ。覚えた。アルケミラは鮮やかな黄緑色で、細かい星みたいな形をしてる。

...

デルフィニウム、花びらのそりかえっている感と、ふわふわ感が描きたくて、もう一枚小さいスケッチを描いた。

ちょっと近づいた、気がする。

...

やっぱり、花の "そりかえってるところ" を描きたい。次の花でもやってみよう。生活も少し落ち着いたから、日中時間が取れるようになってきた。

 

 

 

花の定期便

オレンジとサーモンピンクのバラが届いた。

毎回、花の品種名が書いてある。由来を調べるのが面白くなってきた。

カルピデューム、「今この瞬間を生きろ」みたいな意味らしい。

その日を摘め(そのひをつめ、ラテン語: Carpe diem、カルペ・ディエム)は、紀元前1世紀の古代ローマの詩人ホラティウスの詩に登場する語句。「一日の花を摘め」、「一日を摘め」などとも訳される。また英語では「seize the day」(その日をつかめ/この日をつかめ)とも訳される。ホラティウスは「今日という日の花を摘め」というこの部分で、「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」と言おうとしている。

ja.wikipedia.org

「今この瞬間を楽しむ」いいな。すごい大事だと思う。

...

温度が高いから、花の変化が早くなってきた。

 

 

花の定期便

多弁のユリが届いた。

自分が知ってるユリとだいぶ違う。おしべがない。品種改良の結果、おしべが真ん中の6枚の花びらに変化している。めしべも奥まったところに隠れていて、目立たない。

カリフォルニアライラック、描けなかった。小さい花がたくさんついていた。先週に引き続いて、タバリアファンがセットに入っていた。

...

「タイニーダブルユー」で検索したら、下のページを見つけた。

2021年のトレンドを反映する花 決定!第17回フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA受賞 キーワードは“SDGs生産”|株式会社 大田花き花の生活研究所のプレスリリース

タイニーダブルユー、自宅みたいな小さいスペースで鑑賞するための品種なんだ。だいぶ前、カサブランカを描こうとして買ってきたとき、大きすぎてバケツにしか入らなかったし、おしべの花粉が服についたあと、取れなくなって大変だった。

それにしても、名前の由来がかなり気になる。ダブルユーへのリスペクトだとしたら、すごい熱い。

「W(ダブルユー)」13年ぶり復活 加護亜依は感極まり涙 辻希美も涙ぐむ | ORICON NEWS

...

難しいなあ。

一週間が早く感じる。また次の花が届く。