アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

夜のはじまり

夜のはじまり (22.7 x 14 cm) ... 多摩川を描きに行った。 一旦ここまで描いて、持ち帰ってもう少し描いた。夕方と夜が混ざったみたいになった。 ... 昼間、大田区でアートイベントの講師を勤めさせていただいた。講師といっても、小さいお子さんが絵を描く…

中野島駅

中野島駅 (22.7 x 15.8 cm) ... JR南武線・中野島駅。赤い屋根に風見鶏と時計の着いた駅舎。一度描いてみたいと思って、今日描きに行った。一駅先が登戸 (小田急線との乗り換え駅)。 駅を出てすぐ踏切がある。のんびりした雰囲気。いいなあ。昔から、改札を…

多摩川

多摩川 (22.7 x 15.8 cm) ... 南武線に乗っていて、宿河原駅に着いたとき「ああ、降りよう」と思って降りた。堤防上の遊歩道から描いた。 少しずつ南下してる。

多摩川

多摩川 (33.2 x 24.2 cm) ... 多摩川を描きに行った。府中の是政橋から描いた。 着いた時から薄曇りで、そのあと雲が増えていった。 描いていて、しっくりくる感じがした。 曇りの日を描くのは結構好きだ。心穏やかになる。また描きに行く。晴れの日の川も描…

高尾駅

高尾駅 (33.2 x 24.2 cm) ... JR高尾駅を描きに行った。神社のような屋根の構えをしてる。改札から少し出たところに、ちょっとおしゃれなカフェとお土産のお店がある。 後ろはマンションっぽい。高尾は中央線・京王線の起点の駅なので、都心で仕事をする方に…

アンリ・ファルマン複葉機

日本で最初の飛行機 (22.7 x 15.8 cm) ... 「アンリ・ファルマン複葉機」を描きに行った。埼玉県・所沢市の所沢航空発祥記念館に展示されている。1909年(明治24年)にフランスで設計・開発、1機が日本に輸入され、1910年の日本最初の試験飛行で空を飛んだ。 j…

東京駅丸の内駅舎

東京駅丸の内駅舎 (24.2 x 33.2 cm) ... 東京駅を描きに行った。 駅前の人の数は相当少なくなっていた。観光客もいない。「東京オリンピックまであと325日」の表記が光っていた。カウントが修正されたらしい。 横断歩道に人がいない。みなさんテレワークして…

9月1日

玉川上水緑道 (15.8 x 22.7 cm) ... 昨日、絵の具を持って行き忘れて、鉛筆でスケッチだけ取った風景を描いてきた。 乾燥待ちをすることを覚えた。 樹木を描くのは面白い。ざっくり描くのも、図鑑を見たりしながら細かくスケッチするのも楽しい。乾燥待ちの…

8月31日

玉川上水緑道に行ってきた。ベンチに座ってペットボトルの水を飲んで、しばらくぼんやりしてから、じゃあ何か描こうかと思って荷物を見たら、絵の具ボックスを忘れてきていた。 瞬間「8月31日をやってしまった...」と思った。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (14.8 x 10 cm) ... はがきサイズのミニスケッチ。ざっくり描いた。向こうに公園がある。 そろそろ多摩川を描きに行きたい。電車に乗らずに行きたい。

ザリガニ

ザリガニ (10cm四方くらい) ... 玉川上水を描きに行った。「どうもしっくりこないなあ..」と思いながら描いていたら、小さい男の子が来て、いきなり「ザリガニー!」と言われた。横の水路でお父さんが釣りをしていて「あー!描いてるところすいません!ザリ…

日野駅

JR中央線・日野駅 (33.2 x 24.2 cm) ... 中央線の日野駅を描きに行った。赤い屋根の小さな駅舎で、描いてみたくなる姿をしている。 「日に当たっている赤い屋根」の色を一発で当てるのが難しい。正直、外した。また行こうかなあ。道路を挟んだ向かいから描い…

売店

売店 (33.2 x 24.2 cm) ... 玉川上水。水路を挟んだ向こう側にあった野菜の販売所。閉まってた。また開いてる時に描きに行ってみたい。 ... 笠井先生がBlogに掲載していた「水ビシャビシャ画法」を試してみた。 ameblo.jp 水彩紙の裏面にスポンジで大量の水…

玉川上水緑道

玉川上水緑道。えんぴつスケッチ。 ... 夏のスケッチは本当に修行感がある。まず、暑い。汗が吹き出してぼーっとする。それから、蚊が多い。虫よけスプレーを吹いていくけど、服の上からあちこち刺される。髪の先端が肌に触れると「また蚊がきたのか」と思っ…

国立駅

国立駅 33.2 x 24.2 cm ... 国立駅の旧駅舎を描きに行ってきた。 今日は時間があったので、5時間くらいかけてのんびり描いた。 赤い屋根の建物が、今年移築復元された旧駅舎。奥側にあるのが高架化された現在の駅。高架の駅は駅舎というより「設備」という感…

小さい鉄橋

小さい鉄橋 (17.5 x 25.6 cm)... 時間の取れる日の昼、玉川上水に貼り付いている。見たものを持ち帰る。

スケッチ

しばらく玉川上水で木を描いて「木のことをよくわかってなかった」と思った。きょうは絵の具ボックスを開けずに、鉛筆で葉っぱを描いたり、木の幹と枝を描いたりした。 ... よく描く木の幹の部分。図鑑で名前を調べてみた。「イヌシデ」に似てるような...未…

ポストカードの委託販売をはじめました

架空ストアさんのWeb店舗でポストカードの委託販売をはじめました。これまで作成した「絵のポストカード」24種類と「おやつのポストカード」セット、2015年に作成した「ヨガポーズ ポストカード」のセットを委託しました。 ... 絵のポストカード (セット1) 5…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (12 x 14.7 cm) ... 描いている途中、何回か曇る日だった。影を追っているとき、途中で日がなくなると結構戸惑う。今まで目の前にあった色が一瞬で消えてしまう。 「何がある」「どこにある」を持ち帰りたければ、すぐに輪郭を引くといいとわか…

小さい鉄橋

小さい鉄橋 (21 x 27.5 cm) ... きょうも「見たものを持ち帰る」ことを目的に描いている。なかなか難しい。 持ち帰れてないものがいろいろある。 透けた葉っぱはもう少し持ち帰りたい。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (20 x 22 cm) ... 昨日からの反省で「目の前の風景を持ち帰る」に注力することにした。 まず一筆書きでエッジを見つける。そのあと、風景の色を水彩で見つける。 このほうが心穏やかに描ける。

悲しい

玉川上水緑道 ? ... 玉川上水緑道を描きに行った。 ここまで描いて手を止めた。 自分の中で何かがしっくりきていない。 目の前の風景と全然違う。あるはずのものがない。 ... 絵をじっと見ていたら「いかがわしい」という単語が浮かんできた。 悲しくなって…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (20 x 27 cm) ... 玉川上水を描きに行った。きのう買ったウォーキングシューズが良かった。軽い。今までずっと、靴底が重いスニーカーを履いていた。 水彩用紙で描き出す前に、クロッキーブックで小さなスケッチを作っておくようにした。これが…

デビッド・マー「ビジョン」

2008年、アホな大学院生だった私は、神経科学者デビッド・マーの「ビジョン」を読んで「知るべき脳の全てはこの本の中に書いてある」と思い込んだ。 ビジョン―視覚の計算理論と脳内表現 作者:デビッド マー 発売日: 1987/10/01 メディア: 単行本 デビッド・…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (24.2 x 33.2 cm) ... 描いている最中、雷が鳴り出してあわてた。雲の動きが激しくて、日差しが強くなったり、一瞬で曇りになったりした。湿気が多くて暑かったせいか、軽く熱中症気味になった。今もじわじわ頭痛がする。気をつけよう...。 ず…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 Tamagawa Aqueduct Green Path 24.2 x 33.2 cm... 外スケッチで光を描く限界、1時間のような気がしてきた。きょう、木漏れ日の隙間の光が当たった葉っぱがきれいだなあと思って、描き始めたら20分くらいですぐ上の葉っぱに遮られて陰に入った。…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (18 x 17.7 cm) ... きのうから、小さい折りたたみ椅子を持っていくようにした。今まで画板を下げて、立って描いていた。椅子は快適だった。目線の位置はちょっと下がる。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 Tamagawa Aqueduct Green Path (20.7 x 19.6 cm) ... 何をするといいのか少しわかってきた。

玉川上水

玉川上水 Tamagawa Aqueduct (30 x 22 cm) ... 紙のサイズを一回り大きくした。のびのび描ける。しばらくこのサイズで描こう。

スケッチ

民家園の民家 (33.2 x 24.2 cm) ... 横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーだった。教室近くの民家園に集まって、移築された古民家を描いた。入園前、事務所の方がおでこで検温する装置を使って、参加者全員の熱を測った。おでこに装置を向けると「ピッ」…