アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (7)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (6) ... (6から続く) 飛行機の絵をKさんに渡した後、私は、Kさんにあまり「絵を描きませんか」と勧めないようになった。そのかわり、個人的な製作をいくつか進めた。 4月に入ってから、新しい仕事が始まった。…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (6)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (5) ... (5から続く) Kさんの年賀状と下書きの束を見て以来、私は考える時間が長くなった。 同じ夏、1枚の製作に時間をかけた結果、やる気がなくなっていた。夏の日に現地スケッチに行って、数百枚の写真と何…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (5)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (4) ... (4から続く) Kさんがあまりにかたくななので、私は逆に面白くなってしまって、食堂でKさんにしつこく「絵を描きませんか」と言い続けた。 「Kさん」 「本当にしつこい人ですね...絵の話でしょう」 「…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (4)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (3) ... (3から続く) 私とSさんは、Kさんの携帯に連絡しつづけた。 午後の3時を過ぎても、Kさんからの応答はなかった。 Sさんが言った。 「家で倒れてたりするんじゃないですか」 「これはもう、私たちではま…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (3)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (2) ... (2から続く) 私は、前からずっと気になっていたことをKさんに聞いてみた。 「Kさんは、修行をされているんですか」 「そう、修行してる」 「どういう修行なんですか」 「坐禅を組み、大声を出して鈴を…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (2)

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (1) ... (1から続く) Kさんは無口で、謎の多い人だった。13時頃の遅い時間に研究所にやってきた。乱れた衣服を着て、顔を真っ赤にしていた。 Yさんから「Kさんは、道場で修行をしてるんですよ」と教えてもらっ…

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (1)

2020年の1月、Kさんという方が亡くなった。飛行機の研究所で働いていたときの上司さんだった。 ずっと、この人との思い出を書きたいと思っていた。 私は、Kさんとの3年間の関わりを通じて「自信を持って生きる」とはどういうことかを教えてもらった。教わっ…

新しいポストカードを作りました

新しいポストカード3種類ができました。 「海辺」「東京駅丸の内駅舎」「さくらもち」です。 三鷹の架空ストアさんのWebショップからお求め頂けます。気になる1枚がありましたら、お手元に置いてくださったら嬉しいです。 store.retro-biz.com store.retro-b…

水車小屋

水車小屋 (22.7 x 15.8 cm) ... 7月、小平ふるさと村に水車をスケッチしに行った。 施設の方の許可をいただいて、しばらく描いた。 これ、難しいお題だ。建物だし、車輪くっついてるし、車輪動いてる。秋のイベントで「水車小屋をスケッチしよう」みたいな企…

都筑中央公園

都筑中央公園 (F8: 45.5 x 38 cm) ... 木曜日、横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーのつもりで、自転車に乗って横浜に向かったら、スケッチデーは中止だった。どうしても外が描きたくて、静物の授業時間に許可を頂いて、教室のそばの都筑中央公園を描き…

昔の郵便局舎

昔の郵便局舎 (A5スケッチブック) ... お電話を頂いた。 「小平市役所の者です。BlogとTwitterを見ております。」 「えっ???」 「『小平ふるさと村』をご存知ですか。」 「最近、地図で見かけて、描きに行きたいと思っておりましたが...」 「私、ここの施…

Blogの更新を少なくします

2016年にBlogをはじめて以降、絵を描くたびにBlogを一つ上げていたんですが、更新頻度を落としてみることにしました。最近、絵を描いている途中から、頭の奥で「言葉が目立つ」ような、絵が文章の存在を前提にしているような、ちょっと妙な気持ちになること…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 24.2 cm) ... 玉川上水に行ってきた。 玉川上水の若木、幹がひょろ長くて、緑道の方にまっすぐ枝を突き出してくる。木の多いところに落ちたどんぐりは、芽吹いてすぐに丈を伸ばさないと先に伸びた木に光を奪われて成長できない。だから…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 24.2 cm) ... 玉川上水に行ってきた。 「透けて光ってる葉っぱ」を持ち帰ってきた。忘れないようにしよう。 木の幹が難しい。筆でピッと線を引いてみるけど、木っぽくならない。こすったり色を重ねたりしながら、幹にしようとしてみた…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (18 x 14.5 cm) ... 玉川上水に行ってきた。 笠井先生から教えて頂いた「緑道の横から張り出した枝と葉」の描き方を試してみた。一回描いたところを水で拭き取って、ガッシュの絵の具で調整した。 描いてる時、とにかく必死だ。ずっと同じ場所…

笠井先生

横浜画塾・笠井先生の教室のスケッチデーだった。本当は緊急事態宣言が明けるまでお休みしようと思っていたけれど、グループラインで「テーマは"木漏れ日"です」と予告があって「それは行かざるをえない」と思って行くことにした。 デモンストレーション制作…

スケッチ

スケッチ。F4の紙の隅に描いた。 ... 大原写生会オンライン2021が終わった。 セツ・モードセミナーの長沢節先生を描いた。 (#大原写生会2021 #oharasketch2021 ) pic.twitter.com/CsluBbgZA5 — ますとみけい : 水彩絵描き (@kei_masutomi) 2021年5月30日 5/2…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33 x 22 cm) ... 緑道に行ってきた。くもりだったけど時々晴れた。 こもれびがあらわれたり消えたりした。 明日の予報、晴れときどき雨だ。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (F4の紙の隅っこに) ... おとついと今日、少しずつ描いた。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 22 cm) ... 玉川上水に行ってきた。いい天気だった。 緑道のお散歩を日課にしている方々に「あら、きょうも描いてるんですね」と話しかけられる。描いてます。なかなか難しいですが...。 それでも1枚描くごと、何かに近づいていく感じ…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 24.2 cm) 今日はくもりだった。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 24.2 cm) ... 久しぶりに晴れた。緑道に行ってきた。 折りたたみの椅子を持っていった。落ち着いて描ける分、どんどん筆を置いてしまう。途中から「よし、もうこれはえいやでいこう」という気持ちになって、思いっきり描いたり消したり…

雨と木

雨と生えたての木 (24.2 x 33.2 cm) ... あいかわらず玉川上水にいる。きょうは雨だった。 雨のスケッチ、乾かない、絵に雨がぼたぼた落ちてくる、跳ねた雨で緑道の土が飛んでくる (絵の中の点々もいくつか土だったりする)。描いてるはしから絵がぐしゃぐし…

スケッチ

がくあじさい。緑道の近くで見た。 ... 天気がくもりの日、落ち着いてものが描ける。晴れの日に外で描いてると、変わる光を追ってるうちに、何を描いてるのかだんだんわからなくなってくる。 しばらく太陽の出ない日が続くらしい。植物のスケッチを取って帰…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (19 x 13.5 cm) ... 玉川上水に行ってきた。光の具合がよく変わる日だった。 時々晴れたりくもったりした。

葉 (18 x 13.5 cm) ... 昼は時間が取れなかった。夕方になってから水彩紙を持って出た。 明日から1週間、天気予報が雨とくもりだ。

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (33.2 x 24.2 cm) ... けさ、夢の中でスケッチを取っていた。山奥のダムを展望台から描こうとして「どうもしっくりこない」とか言いながら悩んでいたら、同行の人から「これ、使ってる筆が細すぎるんじゃない?」という声が上がって、はっとし…

玉川上水緑道

日に透けて光る葉を描きはじめたら、上からの木陰に入って、透けなくなった。10分間のできごとだった。10分は短い。思い出で描こうとしたけど難しかった。また行こう。 ... 樹木のスケッチ、面白い。樹木を描くとき「ものを見る仕組み」に近づく感じがする。…

玉川上水緑道

玉川上水緑道 (20 x 14 cm) ... 少し近づいた。 「光が透けている葉っぱ」を持ち帰りたい。水彩だから持って帰れる、独特の情報があると思う。 現地スケッチ、貼り付いて描いてるうちに、少しずつ"それ"に近づく感じが好きだ。その場所が持っている、固有の"…

くもりの日

くもりの日 (20 x 14 cm) ... 売店。緑道と水路の向こう側にある。 スケッチセットのセッティングを変えた。絵の具と筆の数を減らして、水筒の水を100ccだけにした。やることが色々あると迷ってしまう。迷いながら画面に水を入れると、それだけで紙がぐしゃ…