アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。作品・お知らせ・らくがきを投稿します。

レモン

f:id:ateliersalvador:20190515092623p:plain

 

レモン (9.5 x 10 cm)。2日くらい手の中で転がしている。

...

気持ちが落ち込んだとき、青空文庫で梶井基次郎の檸檬を読むことにしている。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/424_19826.html

「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧さえつけていた」から始まる、文庫本9ページ程度の短い小説。憂鬱と焦燥に駆られて京都の街を彷徨う「私」は、立ち寄った寺町通の果物屋で舶来物のレモンを買い、レモンの色や香り、冷たさ、重みを感じるうちに不思議と穏やかな心地になっていく。「私」はそのまま繁華街の高級書店に入り、美術の棚で画集を積み上げ、本の山を築く。そして山の頂きにレモンを放置して去っていく...という、筋だけ書き下すと「一体...」としか思えない内容。けれど、読んでいると不思議と心が落ち着いてくる。なぜだろう、もしかしてこれが「わかる」「めっちゃわかる」という感じなのかな...。

そんなに落ち着くならいいな、自分もやってみようと思って、近所の果物屋でレモン (カリフォルニア産) を買ってきた。それから2日くらい、手の中でレモンを転がしている。確かに落ち着く。梶井基次郎は正しかった。鮮やかな黄色は見ているだけでほがらかになるし、ざらざらした肌触りが意外と気持ちいい。適度な重みと冷たさがあり、ほのかに香る。紡錘形で持ちやすい。皆様も落ち込んだ時はぜひ、レモンを手の上で転がしてみてください。落ち着きます。