アトリエ・サルバドールの冒険

水彩画家・イラストレーター「ますとみけい」のBlogです。作品・雑記・お知らせ・らくがきを投稿します。

斜めに家が建つ

f:id:ateliersalvador:20190511231316p:plain

らくがき。

...

井の頭公園でお店を出しているとき「あなたの絵は自由ですね。私はこうは描けません。どうやって描くんですか」と尋ねられたことがある。お仕事で建築図面を引いている方からの質問だった。答えに困ってしまった。絵が自由かどうか。分からない。それから、自分は自由な人間でない。自由な人だったら、答えに困ったりしないで、きっと思いついたことをどんどんしゃべる。そのときは「パースグリッドをうまく引けないので、絵の中で建物が斜めに立ちます」と答えた。

経験的に知っていることはある。「自由な絵を描こう」とすると絵が変になる。「『とらわれないでいる』ことにとらわれる」から、何かがねじれる。「自由」のことはとりあえずどこかに置いておいて、好きなものや気に入った景色、何となく浮かんできた色や形を描くとき、あとで見返して「あ、なんか良かったな」と思う。言葉の性質は、絵の中の輪郭線と似ている。何かもやもやしたものを切ったり整理したりするとき、言葉は本当に役に立つ。そうでなく、むしろ「もやもやしたい」と思うとき、自分は何がしか頭をぼんやりさせて、言葉を遠くに置いてくる。