アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

絵の完成

f:id:ateliersalvador:20190804000037p:plain

静物画の習作 (A study of still life painting)
45 x 31 cm

横浜画塾・笠井先生の教室で描いた静物画。先生から講評を頂いた後、持ち帰って描き込んだ。

...

絵を終わらせる過程はとてもつらい。途中で手を止めて、最後まで描ききらなければ「これが完成したなら、きっと素晴らしい絵になるだろう」という夢を見たままでいられる。手を入れ続けたり、自分以外の人に見せたりすれば、現実と向き合うことになる。いつまでも夢を見ていたければ、終わらせずにとっておいた方がいい。でも、きっと健康を害する。以前、研究論文を書いていた頃に似たようなことをやらかして、最終的に健康を害した (動悸が止まらなくなった) 。

自分の少ない経験から考えても「完成度を上げる」ためには「完成させる」を繰り返す必要がある。最初の「完成度」は物理や技術の問題だけれど「完成させる」は「終わらせる」「手元から離す」という意志の問題になる。とにかく、完成度を上げるためには、現実と向き合い続けるしかない。