アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。作品・お知らせ・らくがきを投稿します。

日本神経回路学会誌 (2020年3月号) に寄稿しました

f:id:ateliersalvador:20200313234929p:plain

...
日本神経回路学会誌 (2020年3月号) に「水彩絵描きの冒険 -体当たりで行く芸術と科学の融合領域-」というタイトルの文を寄稿しました。特集ページ『神経回路学会における「在野研究者」「企業研究者」の取り組み』の解説記事です。お茶の水女子大学・毛内拡先生にお声掛け頂きました。ありがとうございます。

...

f:id:ateliersalvador:20200313234955p:plain

研究をやめて絵描きになった経緯いろいろ、最初に知覚研究に興味を持ったきっかけ、絵の学校の思い出、透明水彩絵具について、その他少しずつ書いています。掲載誌の関係上、主に神経科学や数理の研究者の方へ向けた内容になっています。

特集では毛内先生と「脳を理解する方法」について考え続ける森北出版の丸山隆一さんとご一緒しています。丸山さんは、以前イラストを描かせていただいた、小林晋平先生の「ブラックホールと時空の方程式」の編集を担当されています。

神経回路学会誌の記事は、掲載から1年後、どなたでもWebからダウンロードできるようになります。(2ヶ月後のWeb版公開時は回路学会の方のみダウンロード可能です。) 1年後にまたお知らせします。気軽な読み物として読んで頂けたら嬉しいです。1年後の世界が今より落ち着いていますように...。

J-STAGE 日本神経回路学会誌ページ

https://jstage.jst.go.jp/browse/jnns/-char/ja