アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

画板が戻ってきた

f:id:ateliersalvador:20201128185439p:plain

丸の内KITTEの屋上で東京駅を描いている最中、お気に入りの画板をウッドデッキの床下に落としてなくしてしまったのですが、KITTEの皆様が見つけてくださり、無事に手元に戻ってきました。嬉しいです。ほっとしました。

以下、ことの顛末の備忘録です...。

 

...

f:id:ateliersalvador:20201128185355p:plain

ちょっと大きめの東京駅を描いている時、画板をブロック水彩紙の下に敷いてから「さすがに狭いな」と思って、使うのをやめて足元に立てかけた。それからしばらくして、描いている最中にバランスを崩して、足元の画板をパーティションに向かって蹴ってしまい、ガラスに「バシッ」と張り付けてしまった。

次の瞬間、目の前から画板が消えた。

f:id:ateliersalvador:20201128185409p:plain

いきなり消えた。そのあと下の方から「カランカラン」と音がした。見たら、パーティションの金属部分とウッドデッキの継目あたりに細い隙間があった。ここから吸い込まれて、ウッドデッキの下に落っこちてしまったらしい...。

動揺しつつ、とりあえず絵を描き進める。画塾展に持っていく都合、きょう明日で完成させなくちゃならない。

f:id:ateliersalvador:20201128192627p:plain

 

夜10時、屋上閉鎖の声をかけにきた警備員さんに相談する。

「ウッドデッキの下にものを落としてしまったんですが、ここに落ちたものは手元に戻りますでしょうか」

「ちょっとわからないですね...」

「...  (ショックで声が出ない) ... 」

「何を落とされたんですか」

「画板です」

「画板」

「ウッドデッキの下はどうなってるんですか。ものは取り出せるんでしょうか」

「管理用のコンクリスペースがあります。管理会社さんだけが入れる場所でして、私たちは入れないんです。見つけたら防災センターで預かります。私から話は通します」

 

この警備員さんが、しばらくしてから、いきなり振り返って「期待しないでくださいね!」とおっしゃったのが印象的だった...。

...

絵が描きあがり、額装してギャラリーび〜たさんに搬入する。

f:id:ateliersalvador:20201128185343p:plain 

そのあとKITTEに行って、まずKITTEの防災センターに電話する。画板について尋ねたら「管理会社の方で探しましたが、見つからなかったようです」とお返事を頂く。落ち込む...。だけど、防災センターの方が探してくださっているのが嬉しかった。「遺失物届出書を書いてください」ということで、地下1Fの防災センターに行き、届出書を書く。

...

び〜たさんでの在廊の日、またKITTEに行く。

屋上から東京駅を描く時「左端(0番)から数えて9番目と10番目の柱の間」と位置を決めていた。柱を数えるといつもの場所がすぐわかる。

描いていた場所に行って、ウッドデッキの隙間から下をのぞいてみた。

f:id:ateliersalvador:20201128185424p:plain

いた!思ったより浅い位置にいる。

隣に「はとバス」の半券が落ちていて、東京を感じた。

 ...

通りかかった警備員さんに相談する。

「遺失物の届けをした者ですが、どこに落ちているかわかったんです。取り出せるか教えていただきたいです」

「防災センターに聞いてみます。少々お待ちください」

電話中の警備員さんが途中で悲しい顔になり、答えを察してしまう。

「やはり今はちょっと難しいとのことです」

「何とか伝えて頂けませんか。以前にも探していただいていて "見つからなかった" とお返事を頂いているんですが、今見たら場所がわかったんです。9番目と10番目の柱の間のところでして」

警備員さんは真剣に話を聞いてくださり、しばらくして「ご納得頂けましたでしょうか...」とおっしゃった。しんみりした。お礼を言ってギャラリーび〜たに行く。

... 

それから数日、正直あきらめていたところ、KITTEの防災センターから「画板が見つかったので取りにいらしてください。」とお電話を頂いた。

f:id:ateliersalvador:20201128185439p:plain

本当に嬉しかった。。。。。。。。。。

地下の防災センターに行って、遺失物届にサインして受け取った。書類の中に、管理会社さんや作業担当者さんの名前が詳しく記載されていた。お手間をお掛けしました...。KITTEの皆様、警備の皆様、ありがとうございます!!!!!!!!

f:id:ateliersalvador:20201128185453p:plain

KITTE丸の内。東京中央郵便局の跡地に立つ日本郵政の商業施設。昔は鉄道で郵便物を運んでいたので、駅のすぐそばに郵便局の建物があったそうです。

 ... 

画板をウッドデッキの下に入れてしまったあと「自分の執着を土地に埋めてしまった」ような感覚があり、なんだかずっと気持ちが落ち着かなかったです。画板が手元に戻ってきて、本当に安心しました。

冬の間はあまり移動せず、身近なものを描きます。