アトリエ・サルバドールの冒険

水彩絵描き・ますとみけいのBlogです。

自信を持って生きる (亡くなったKさんの思い出) (10)

f:id:ateliersalvador:20210928205702p:plain

(1へ)

...

(9から続く)

 

Kさんからの依頼を受けたあと「かぼちゃ人類学入門」という本を買った。

"かぼちゃ島"で暮らす"かぼちゃ人"のつつましい暮らしを、鳥の視点から描いた絵本だった。小さい頃、この本がとても好きだった。絵の中に入って、自分もかぼちゃ人と一緒になって、かぼちゃ島で暮らす様子を想像して過ごした。

かぼちゃ人はボロボロの服を着て、土の匂いのする町に暮らす。好きな時間に食べて、好きな時間に飲んで、好きな時間に眠る。狭い路地に囲まれた町で、道ごしに窓と窓からおしゃべりをする。ぬるい温泉につかり、舞台でお芝居を見て楽しむ。

途中、島の歴史が描かれる。かぼちゃ人は、初めからこういう暮らしをしていたわけではなかった。かつては世界中からたくさんの船が来て、かぼちゃ島の"肉"を輸出していた。かぼちゃ人は大儲けした。島には高い建物が建ち、店には珍しい品々が並んだ。だけど、そういう暮らしを続けるうち、かぼちゃ島のおなかは掘り尽くされて、空っぽになってしまったのだった。

一度死にかけたかぼちゃ島は、島そのものの生命力と、かぼちゃ人の努力によって、長い時間をかけてよみがえった。それから、かぼちゃ人は島の恵みを大切に使う、つつましい暮らしを始めたのだった。

Kさんから依頼を受けた時、この本のことが頭に浮かんだ。

「いつの日かこういう絵本を描いてみたい」と思っていた本だった。

「かぼちゃ人類学入門」を参考に、Kさんの絵の下書きをはじめた。

...

描きながら、自分の数年間を振り返った。

絵の仕事を始めた頃、私が目指していたのは「人に見られて恥ずかしくない絵」だった。「仕事をもらえる絵」「依頼主からOKをもらえる絵」「Webサイトに乗せても恥ずかしくない絵」「この絵描きは"できる"と周囲に示せる絵」...研究からドロップアウトした私は、絵の世界に逃げ込んで、前やっていたのと同じように「よくわかってるフリ」「なんでもできるフリ」を続けようとした。そうして、他人も自分も騙そうとして、まず自分を騙しきれなくなって、神経性の病気になった。

飛行機の研究所に来て、Kさんと一緒に働くうち、私は少しずつ良くなった。自分と似て、恥ずかしがりで、凝り性で、落ち込みやすいKさんに「大丈夫です」「なんとかなります」「ものごと案外大体でいいんです」と言い続けるうち、自分の方が「大丈夫だ」「なんとかなる」「ものごと案外大体でいい」と思えるようになってきた。「なんでも、とりあえずやってみたらいい」という気持ちになってきた。私は、奇妙な形でKさんに"治して"もらった。元通りではないけれど、新しい状態にしてもらった。

「お礼の気持ちを込めて描こう」と思った。

 

絵は、なんとか仕上がった。

...

3月の勤務最終日、Kさんのところへ絵を持っていった。

「絵です。仕上がりました」

「ああ、良かった。この紙袋ですか」

「はい。額装したので、ちょっと大きめになりました。開けてみてください」

「いま開けるのはよしましょう」

「え?」

「今日の送別会のとき、食堂に行って開けましょう」

「え??」

Yさんが居室にやってきた。

「お久しぶり!」

「Yさん!お久しぶりです」

「どうだった?元気だった?」

「おかげさまで元気です。今日はちょっと寝不足ですが」

「そうなの?なんで?」

今日までKさんの依頼製作をしていて、夜中に仕上げをやったことを話した。

「なにそれ!すごい!じゃあ、この紙袋の中身が絵?よし、おひろめ会しよう!」

「おひろめ会!!?」

「だって、送別会だよ?盛大に送りたいよ。おひろめ会しよう!」

...

夕方、研究所の方々が食堂に集まってきた。

テーブルにはサンドイッチ、オードブルの皿、ビールや酎ハイの缶が並んだ。

人が集まったころ「あー!Kさん!なにやってるんですか!」とYさんが叫んだ。

Kさんが会場端のテーブルに座って、焼酎の瓶から中身を注いで飲んでいた。

「まだ乾杯前じゃないですか。それにお医者さんもだめって言ってるのに」

「いやもう、私はいいんです」

「え、ほどほどにしなきゃだめですよ?」

(ああ)

私はこの日、Kさんを止めようか迷った。だけど、結局止めなかった。

...

会場が盛り上がってきたころ、Yさんが「ちょっと注目!」と言った。

「きょうはね、絵のおひろめ会があるんですよ」

「絵?おひろめ会?」

「ではKさん、どういうことか説明してください」

「はい」

Kさんが話しだした。

「退職記念に、この人に絵を描いてもらったんです。私の個人的な依頼です」

「そういえば、本業イラストレーターの人が働いてるって言ってましたね」

「きょう退職ですか...研究発表の絵、代わりに描いてもらえばよかったな」

Yさんが紙袋から額の入った箱を取り出した。

「これはどういう絵なんですか」

「私の "理想の飛行機" です」

「"理想の飛行機"!?」

「そう、私は別に、速く飛ぶ飛行機がほしいわけではないんです」

Yさんが「じゃあ、おひろめします!」と言って、額の入った箱を開けた。

「ジャン!」

人がたくさん集まってきて、額の中の絵をのぞきこんだ。

「おお」

「絵本みたいだ」

「これ、飛行機の中?」

Yさんが「Kさん!いかがですか?」と言った。

Kさんは、絵から離れた場所で「よく見えない...」と言っていた。

「ここ、機内で酒盛りやってるぞ」

「おお、めっちゃ盛り上がってますね」

「頭にネクタイ巻く人って今もいるんかな」

「俺、一回もやったことないですよ。そもそもネクタイしない。する機会がない」

Kさんが絵に近づいてきて、絵の中をじっと見始めた。

「動物がいっぱいいるぞ」

「人間のキャラクターは、私がKさんから指示をもらって描いているんです。動物は私がイメージを足しました」

「あ、ここに描いてあるの、もしかして僕ですか?」

「そう、Sさんです。YさんとKさん、Sさんは中に描かせていただきました」

「カードゲームしてる人がいる。外国の人かな」

「ホシモがいる!」

「ホシモです。面白い形してますよね」

「飛行機、みんなで靴下脱いで乗れるのはいいよなあ。やっぱ窮屈だからさ」

「それはわかる、すごいわかる」

「おい、パイロットが寝てるぞ!」

「この機はAI制御でオートパイロットなんです」

「アテンダントさんが膝ついてお茶入れてる..」

「この機ならいいんじゃない?」

「旅客機っぽい主翼がありますね。てことは、垂直離着陸じゃないな。離陸の時どうなるんです?客室が傾いたら、みんな転がってっちゃうんじゃないですか?」

「まあ、そういうことはいいんですよ」とKさんが言った。

「いやあ研究者としてはやっぱ気になるでしょう」

「いや、もうこの際いいんです」

研究部の部長さんが言った。

「そうかあ、K君はこんなことを考えてたんだなあ」

「実は、そうなんですよ」

「普段、何考えてるか全然わかんないからさ。そうかあ、こんなこと考えてたんだなあって」

「ふふ」

Kさんは嬉しそうだった。

私は「Kさん」と声をかけた。

「絵、どうでしょうか」

Kさんは、絵を手に持ってじっと見つめた。

そして、言った。

「ああ、いい。これは、私の理想に限りなく近い。」

それから、絵を見つめたまま、はにかんだ顔をして「ありがとう」と言った。

嬉しかった。絵が描けて本当に良かったと思った。

「こちらこそ、ありがとうございました。すごく楽しいお仕事でした。」

パーティの終わりに、みんなで絵を囲んで記念撮影をした。

 

...

(11終へ)

ateliersalvador.hatenablog.jp